最近の画像アルバム

 管理人のその日の気分で入れ替えております。トラブルの多いページですが、ご容赦のほどお願いします。

  
しろうと山やの部屋トップ    画像の部屋

  ネット上にレポのない恩地城跡探索に行ってきました。グーグルマップ上の位置情報と地理院傾斜量図から267m評点ピーク付近に尾根を横切る段差を確認、その結果は下画像のとおりでした。
 
GPS軌跡図とレポは2021.01.09「りゅうげい山」の後段②267m無名峰(恩地城跡?)にあります。(2021.01.14追加)

標高220m付近で

尾根の右を緩く登る作業道から正面尾根を見ると上部は平らになっていた。

道は斜面直下で左上へ登る。
登る途中で左下を見るとVゾーン
下に降りて西側はこのとおり、

左上は斜上ずる作業道です。
東側はこんな感じ
道型が左に下る。
南側斜面はこんな崩れ方をしている。
南の斜面を左上、そして右上に登ると平地の西端に出た。

石祠が一基(明治22年)
道型は左(東)へ、そして右に方向を変える。
右に進む作業道はほんとに緩やかに登る。
作業道は尾根を離れて右へ

ここから左上に尾根を辿る
雑木帯の平地に出た。
その先は切れ落ちている。
上から左(東)方面
上から真下を除く
上から右(西)は
上から西側は
堀底は2段に

東を見て
 左側は道を削ったようで、左に山すそを巻く。

 右側は最低部のV字でまっすぐに東に落ちている。
西へ
中央から西を見る。

最低部と道型が併行している。
その先で最低部はまっすぐ落ちているが、道型は右に下る。
(ここから地形図実線路)
道型(実線路)は尾根に沿って右に下る
南に登り返してVゾーンと対岸を見る。
267m評点は緩い丘状
ピーク先は緩やかに下り
雑木藪になっているが鞍部以降、微妙な凹凸すらない。
撤収して鞍部以降、微妙な凹凸すらない。
ゾーンに戻り、東へ
途中から登り返し
最初に下を覗いた地点を見る。
その右
登り返して西方向
おあとは北に進んで帰途についた。