だんだん山(227m)
だんだん山(橋本城跡)から再訪の御嶽山

秩父か西上州の予定だったが天気が・・・。
ストックを漁って取り出したのは未踏のお城のお山がいくつか。

 北から「だんだん山」
 2020年11月18日のお山めぐりは茨城県桜川市の「だんだん山(ほかに「城山」の呼称)」から再訪の御嶽山です。

 ヤマレコさんのレポから駐車場所は北麓の爪黒神社とし、地元の猪ワナ猟の男性にお断りして10時43分に出発です。
 
 右に参道を進むと右下から左上に進む作業道に入るが、途中からV字の掘割道になった。道が水平になったので右上の細道を選択し、緩傾斜の尾根に出て、左上に方向を変えて登って行くと先ほどの掘割道と思しき道が合流です。

  境内を右へ     掘割道の登り   怪しき凹凸
  

 怪しき凹凸が交差するスギ植林地、左右を確認し尾根の正面突破を図ると数段の削平地、登り切って左へ進むと堀切、その先の急登で橋本城址の主郭に辿り着いた。櫓台という高みが227m評点ピークだろうということで証拠データをデジカメに収めた。

  堀切だな      山頂の板     山頂にて
  

 地元呼称の「だんだん」山は「段々」になったお城の姿を現したものか?そういえばお隣栃木県の山居台舘は「だんご山」も「段」だったのだろうか。奥に進んで削平地、堀切を通過し尾根を進み、次の標高240m級小ピークにも怪しき凹部があったが自然地形か。

 その先はシノダケの薄い尾根の右下をトラバースし左上に登り返して「大山神」の石碑を見る。その先は雑木帯で左右に走る明瞭な踏み跡に飛び出した。右下は石切り場上部の展望地で、15日の富谷山と以前歩いた雨巻山・高峯を見ながらランチ休憩とした。

  ↓御嶽山↓富谷山 ↓雨巻山↓高峰


 本日の当初予定は雨引山だったが、御嶽山の神社の狛犬探索でに向かう。いったん下って登り返しの途中で丁字路、左は雨引山、右が御嶽山・岩瀬駅とあり、右を登る。御嶽山の三角点は笹薮を分けたが、北に進めば刈り開け道が入っていた。

 御嶽山神社から右の破線路を下る。道型は明瞭だが、利用されてないようだ。最後にジグザグ下りで廃屋先に出て舗装路を下る。予定の近道は行き止まり2回、寄り道して爪黒神社に戻った。

 駐車場所(0:54)だんだん山(0:29)石切り場上部(0:02)分岐(0:16)御嶽山(0:09)御嶽神社(0:19)幹線道路(0:18)駐車場

 所要時間は3時間36分(歩行2時間27分)、狛犬&城郭探索の周遊ピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「」
     HP「桜川的世界」さんの「いわせものがたり」から
                「橋本村古戦記」

 狛見、城見、帰路の道誤りも含んでいるので、いつものとおり時間は参考になりません。
    
                          
  この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)

 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

 GPS軌跡図
(カシミール3D使用)
 

前のページへ    2020年の山    次のページへ

    ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ