羽黒山
羽黒山(364m)米山(351m)


ストックから茨城県北の所用のついでのお山をいくつか・・・。
そういえば天辺に神社のお山が残っていた。

 羽黒山
 2020年11月12日のお山めぐりは福島県塙町の羽黒山ですが、ついでにお隣の米山にも寄ってみることにした。

 道の駅塙から10時46分に出発、まずは羽黒山です。
  
 道の駅から北上、Y字路を右へ入ると左に向ヶ丘公園の駐車場が2カ所、駐車場所はここがよかったか。橋を渡って2つめの舗装路を右折し、左上の愛宕神社参道を登る。平成狛ちゃんのいる愛宕神社の左から植林のお山へ入る。

  愛宕神社入口     紅葉は桜の葉
 

 細道が主尾根の右側をトラバース気味に登って行くと左上に2カ所堀切を見た。道が左上に直登すると堀切らしき鞍部へ、反対側から帰路予定の伏木の階段道が上がってきていた。右上に登って城跡の標柱を過ぎ、出羽神社の石段を登る。最高点は拝殿先の本殿背後のピークだった。

 城跡標柱から南西に張り出した廓で、ミルクテイーとパンのランチ&仕入れたばかりのリンゴで休憩です。

  さあ山頂へ       本殿奥が最高点
 

 撤収して少し下った堀切の鞍部から西に下る。ネット情報では藪で撤退したようだが、今はシノダケほかが刈り払いされていた。破線路の分岐の右は「行き止まり」の案内板があり、直進で下る。もうすぐ朽ちるか?木の橋を渡り、踏切手前だけ藪を分けて舗装路に出た。

  風情がある木橋    ここだけちょい藪
 

 右折して街中を北西進、松岡橋を渡ってすぐに左に方向を変える。米山南東の尾根末端の取り付きは石段で左右に石仏あった。古いベンチのある公園?を過ぎ、植林地内の尾根の右側を進む破線路は、曲がり角や分岐には石仏が建っていた。

 最後の登りで尾根を離れて左の布袋竹の道型を選ぶが、最後は刈り払いされた枯れ竹を踏みつぶしながら地形図実線路終点に出た。正面に米山薬師のお堂、右に鐘楼が建っていた。山頂はお堂の右の石段を登った先のテレビ中継塔の敷地だった。

 千手観音だろう       山頂の紅葉・黄葉
 

 おあとは地形図実線路のジグザグ道を下り、舗装路に出て傍らの北野神社で狛ちゃん探索後に南東に下る。午前中に羽黒山の展望地から見た小学校脇を通過し、駐車場所に戻る。

 駐車場所(0:12)愛宕神社取付き(0:36)羽黒山(0:18)踏切先の舗装路(0:28)米山取付き(0:42)米山(0:21)北野神社(0:34)駐車場所

 所要時間は4時間04分(歩行3時間13分)、老後のためにとっておいた狛ちゃん探索のピークハントだった。あっ、もう老後だなあ。

 参考 国土地理院電子地形図「塙」

 神社一か所寄り損ねてしまったが、シロヤシオの時期の大笹山のときに再訪しましょう。
 
 GPS軌跡図
(カシミール3D使用)

 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

前のページへ    2020年の山     次のページへ

    ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ