小田代原・戦場ヶ原

 下界は30度をはるかに超える猛暑、涼しいところは標高の高いところだろうが、今年はレジアスエース君の長期入院で遠出ができません。天気予報を見れば11時頃から雨の区域が広がりそうな山沿い、榛名の未踏のピークは諦めて近間のお散歩です。

 2020年08月30日のお山めぐりは赤沼駐車場から小田代原・戦場ヶ原です。

 7時40分に赤沼駐車場からスタート、西進して戦場ヶ原への道は通行止めで小田代原へ向かう。展望所からはまだ雲が出ていない太郎山、足元に今日の目的その1のアケボノソウを見た。

 小田代原に向かう途中で右に湖上山、小田代原展望台の先から右に並ぶ三岳・太郎山・大真名子・小真名子、男体山のパノラマをデジカメに収めた。予報通り男体山には右から雲がかかってきていた。

 

 小田代原を抜けて泉門池で小休憩、湯滝はパスして光徳方面に向かい、国道沿いを戻る。左上の男体山の上部は雲に包まれ、右に見える湖上山から先は雲がかかっていた。さすが8月最後の日曜日、駐車場は満杯だった。

 所要時間は3時間03分(小休憩19分込み)、避暑&季節の花探索のハイキングだった。

   GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 ソバナ、ゴマナ、アキノキリンソウ、残り花のホザキシモツケ、ハクサンフウロ、ワレモコウ、キツリフネ、テンニンソウ、アザミ、サラシナショウマ、シロヨメナ(?)、オクモミジハグマ、ツルフジバカマ、ナンテンハギ、今日の目的その1のアケボノソウ、その2のカリガネソウを見て満足のS&Pでした。

 再訪だが、2020年の山「於呂倶羅山」でも大丈夫だったかなあ。
 
 

前のページへ    2020年の山    次のページへ

   ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ