黒金山(2231.6m)
 
8月に入ってやっと梅雨明けで暑い。
とはいっても標高の高いお山の天気は気難しい。

 
 登山道から黒金山
 2020年08月06日のお山めぐりは山梨県の黒金山です。

 最短・黒金山で検索、桧尾駐車場から周回の予定は暑さと乾徳山は再訪ということでピストンに決定で8時51分に登山道に入る。
 
 カラマツ林から雑木帯に変わり、尾根に付いた登山道を登る。音を立てて流れる沢を横断し、しばらくぶりのキオンの黄色い花を見て登りついたササ原下展望台から背後の展望は雲がかかりつつあった。奥に進んで少し下って左に黒金山、雲と競争のようだ。

 尾根を離れて左をトラバースして登る登山道、黒木の間を抜けて笹原の牛首のタルに登り返すが、背後の展望は雲に包まれていた。案内板に従って左上の黒木の林の明瞭な道に入るが倒木が多かった。

 ササ原下展望台    牛首のタルへ
 

 急登から傾斜が緩んでむき出しの三角点、山名標柱のある黒金山だった。北西側はガレ地で展望が開けていた。先着の乾徳山からの若い男性から眼前の山々を教えてもらった。

   ↓奥千丈ヶ岳  北奥千丈ヶ岳・国師ヶ岳 ↓甲武信ヶ岳


 若い男性はすぐに撤収、S&Pはコーヒーを立ててランチ休憩、まったり40分かな。国師ヶ岳・北奥千丈ヶ岳に左から雲がかかり始めたので撤収することにした。

 再訪の乾徳山は雲の中だろうし、砂利の林道4kの登りを敬遠してピストン変更なし、往路を忠実に戻る。牛首のタルでは往路見えなかった牛首ピーク、乾徳山が目に入った。ササ原下の展望台でも雲が取れて展望が広がっていた。

 ササ原下展望台から


 駐車場(0:52)ササ原下展望台(1:04)牛首のタル(0:51)黒金山(0:28)牛首のタル(0:43)ササ原下展望台(0:29)駐車場

 所要時間は5時間22分(歩行4時間27分)、山梨百名山の一座、展望のピークハントだった。
 
 参考 国土地理院電子地形図「金峰山」
     登山口ナビ「黒金山登山口桧尾駐車場」
 
GPS軌跡図
(カシミール3D使用)

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 帰路の埼玉県とあるテイクアウトもある食堂にて。注文取りの女性も配膳の店主も両ヒジをピンと伸ばしてマスク着用のS&Pとはできるだけ距離をとっていた(これはわかる。)。されど両名ともマスク等はなし。はて、今どきの接客としてはどうなんだろう。

前のページへ    2020年の山   次のページへ

     ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ