古賀志山塊その他2020

A 2020.07.16 三角山から長倉山 編
@ 2020.06.06 三角山 編
(A・@の順になっています。)

 
 A 2020.07.16 三角山から長倉山 編

 梅雨明け前の天気は安定せず、車1泊の遠征も飛んでしまった今日はあのお山です。

 山頂付近に雲がかかっている古賀志山、いつもの赤川ダム下駐車場から細野林道を北上、イワタバコほかの花芽を確認し沢コース分岐の先の次の分岐付近から右の三角山への登山道へ入る。いつも三角山から下る道を今日は登りに使うが、何年ぶりだろう。

 大きな岩をよけながらジグザグ登り、傾斜が緩んで今年2度目の山頂は誰もいなかった。帰路は北東にマイナールートを下る。ロープの下がる大きな岩は手前を左にエスケープ、ところが尾根に戻るところで下草のない植林地斜面へ、右の尾根へ戻らずそのまま下る。

 細い沢を渡って反対側の踏み跡に出て右に下り、舗装路終点に無事着地。下った先の丁字路の右は石祠のある細野林道方面、今日は左を選ぶ。道は登りから下りへ、そして北尾根コースへ登り返す。左が開けて鞍槍、鞍掛山を見ながら登る。

 370m級ピークでエネルギー補給の小休憩です。帰路は舗装路を横断し、長倉山に登り返し、長倉林道終点から同林道を下る。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

 所要時間は3時間21分(歩行3時間05分)、花探索のピークハントだった。

     GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
   GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」 

 07.13へ     2020年の山     07.19へ

     ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ



 @ 2020.06.06 三角山 編
 
 用事から帰ってきて、時間のあいた今日の花散歩はあのお山です。

 赤川ダム下駐車場はけっこういっぱい、自転車の人が多そうだ。8時47分出発、今日も細野林道から入山林道へ、前回の左上の斜面の洞穴を探索、入ってすぐに右で洞穴は終わりだった。

 二つ岩入口を通過、斑根石線分岐、中の入線分岐は直進、終点手前で右上に薄い踏み跡を登り、三角山の北西尾根を右に進む。下草のない尾根はすぐに笹に囲まれ、急登斜面を登り切ると三角山の山頂だった。

 撤収して南に下る。尾根終端で右下への踏み跡は手入れされたか、下草の類はほとんどなかった。舗装路に出て右へ下る。今日の目的オカタツナミソウを見て駐車場には11時26分の到着だった。

 所要時間は2時間39分、散歩ついでのピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)