岩戸山(湯河原富士)
姫の沢公園から日金山(771m)岩戸山(734.4m)
 
しばらくぶりにリーズナブルの御宿から御招待のおはがき
10か月ぶりの温かい伊豆半島、今回は東伊豆に散策にでかけることにしました。
狙うは天城山・遠笠山以来の念願のげんこつ山ですが、今日は・・・。
 
十国峠(日金山)から岩戸山(湯河原富士)

 
 2013年01月11日のお山めぐりは静岡県の伊豆にある姫の沢公園から日金山・岩戸山を歩いてきました。

 岩戸山はふるさと富士の一座で「湯河原富士」と呼ばれているそうで急きょのクランクイン、ついでに十国峠の方が名高い日金山周りで歩いてくることにしたものです。

 前夜泊予定の姫の沢公園さざんか駐車場は交通量がけっこうあり、トイレも夜は消灯でした。よって第二次候補の長浜海水浴場北駐車場でぐっすり就寝、気がついたら乗用車、キャンピングカーが各一台停まっていました。
 登山口の姫の沢公園さざんか駐車場は8時43分の出発、少年自然の家とは逆にトイレ前を右上に登ってスイレン広場の左わきからつつじ山目指して登ります。途中で左上にしし避けの開き戸を通過、ジグザグ登りで背後に南の展望が広がります。

 つつじの斜面の最上部から狭い遊歩道を抜けて黒木の林の急登、アスレチックコースの砂利道を左へ少し下って沢沿い日金山東光寺・野鳥の森の案内板に従って沢沿いに右上へ、すぐに左に沢を渡りましたが、直進でもOKのようでした。

     つつじ山へ           上部から天城山方面          よく踏まれている。
   
 
 野鳥の森を通過、ジグザグの登りは途中に平場もあり、お城かなと自問自答して辿りついたのは日金山東光寺、左に奪衣婆、右に閻魔様か目立つ石仏を見て左から日金山ハイキングコースの舗装路を登って行きます。

 反対側から車道が登ってきた変形十字路へ、右は日金山霊園、直進で上へ登ります。左に源実朝の歌碑、観光の若い男女ペアとスライド、ザックと靴を除いて○○イアルルック、浮浪者風のしぼれはいそいそと奥へ、芝生の平頂からは富士山と十国峠展望塔が目に入りました。

 十国峠日金山コース標柱         変形十字路              手前のピークから富士山と展望塔
   

 道はいったん下り、すぐに登り返して9時59分に十国峠こと日金山761mの山頂です。展望は360度、富士山の山頂にかかった雲はとれそうもなく、冒頭の岩戸山を見て10時08分に撤収です。

                十国峠から富士山・箱根の展望
  

 東光寺まで戻って岩戸山ハイキングコースに入って行きます。緩いアップダウンのよく踏まれた道は展望なし、石仏の道戸の分岐からやや左に入って行きます。送電線鉄塔が出てくると数か所左が開けて富士山が顔を出してくれます。最後は左に近道の板、これを登って10時51分、三角点、ベンチ一式、そして南の一部が開けた岩戸山に到着でした。
 
        途中で富士山と箱根               岩戸山にて
  

 ベンチに座ってひと休み、時間がまだ早いので下ってから昼食ということで11時10分に撤収です。登りでは寄らなかった鉄塔敷を通過しながら25分で分岐に戻って左へ石仏の道を下って行きます。3分で右下への分岐、地図を忘れたツケでその先から下る予定がここで右下を選択してしまいました。

 ツゲの林から、両側笹の登山道、そして砂利道、さらに下って舗装路へ、アスレチック施設を見ながら途中の分岐で右を選んで水平移動、左下の沢沿いに下る舗装路を辿って行くと登りでつつじ山へ向かった地点で往路に合流でした。

 駐車場所には12時02分の到着、中年の主婦と思しき二人の井戸端ならぬ駐車場会議の真っただ中に出て今日の山旅終了でした。(山支度と解いて車を出すまで20分もあろうか、まだ止まらないようでした。)


 さざんか駐車場(0:56)日金山東光寺(0:17)日金山(0:14)日金山東光寺(0:08)分岐(0:21)岩戸山(0:23)分岐(0:26)さざんか駐車場


 所要時間は3時間19分(歩行2時間45分)、ふるさと富士の一座と富士展望の山旅でした。
  
                GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
   この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000
  (地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「
承認番号平23情使第678号」
   この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 ここのところ西伊豆、南伊豆ばかりでした。しばらくぶりの東伊豆、初っ端はふるさと富士の一座、ついでの日金山からは富士山の大展望です。戻って岩戸山の手前からは望外の富士山が連続して現れました。伊豆詣でもなかなか富士山は顔を出してくれませんが、今日は往復で出会うことができました。

     前のページへ        2013年の山         次のページへ

                ようこそしろうと山ヤトップページへ