茨城のお山めぐり
  
四ッ峰(311m)

 茨城県のお山の登路でいちばん頭を悩ませそうなのは石岡の龍神山と日立の四ッ峰でしょう。スタットレスタイヤのしぼれーくるーずは今日も日立のほうに向かうことしました。

西の採石場入口から四ッ峰

 2007年12月22日のお山めぐりは日立市の四ッ峰です。

 地形図を眺めて東からの尾根がほぼまっすぐに西に伸びて311m評点ピークに向かっています。
 ナビを眺めて四ッ峰の北側から下り、通行止めの舗装路の入口に駐車します。

 地形図を見ると、舗装路は高速道のトンネルが顔を出す地点に向かっています。

 9時01分に出発、南に橋を渡り、舗装路を少し登った地点の右から斜面を登り、東尾根に取り付きます。親指ほどのシノダケの間を抜けて杉の下ばえにサカキ、アオキ等のある斜面を登ります。急登が緩むと右の木の間に高速道が目に入ります。まもなく落ち葉がたまりふかふかの雑木藪の急登です。
 9時36分、尾根には倒木がそのまま残っており、右に進むようになります。ここは落ちていた空き缶を枝に差しておきます。3分ほど進んだ尾根の鞍部にはツツジが伐採されています。
次のページへ

 暗い尾根から左黒木、右雑木の尾根の急登のあと、9時53分に正面が開けた小ピークに出ます。桧の若木の尾根から90度の展望が広がります。

アセビを分けて

尾根の倒木

展望小ピークから               ↓ここが311mピーク

 尾根の左側の桧の幼木林は下生えが伐採されており、尾根まで整理されています。緩く下った鞍部はアオキの藪、ここを通り過ぎると左黒木、右雑木の下生えの少ない尾根の登りになります。

 10時07分、待望の四ッ峰311mに到着です。赤く塗られた標石と下記の標石が二つ並んでいます。とりあえずは右に進んで、10j時20分に最北のピークを確認します。尾根は直角に東に進んでいます。少し戻った倒木の根の上から木の間に西の採石場と山なみが明瞭に目に入りました。

 元に戻って10時26分に撤収です。

右下の鞍部へ

311m標石

一番北のピークから

 帰路は往路を忠実に戻ります。14分で展望小ピークへ、最後の尾根末端の下りは急斜面で駐車場所には11時14分に到着でした。

 駐車場所(0:52)展望小ピーク(0:13)311m標石(0:07)北端ピーク(0:06)311m標石(0:13)展望小ピーク(0:34)駐車場所
                        計 正味2時間05分の藪山旅でした。

 正直のところ今日は曇りのため登る気持ちはなかったのですが、偵察に来て気が変わりました。高曇りだったからです。
 年末にもう一回登り納めをして新年を迎えようと思います。


 参考 25000分の1地形図「常陸太田」
     50000分の1地形図「日立」

前のページへ
2007年の山
トップページ