蓬田岳(952.2m)

 2005年2月23日のお山めぐりは福島県の平田村にある蓬田岳である。

 いつかは登ってみたいと思っていたが、あまり展望はなさそうと先送りになっていた。
 雪を多少楽しめそうな低山、しかも一等三角点ということで登ってみることにした。
 ジュピアランド平田の大きな駐車場から10時33分に登り始める。蓬田岳登山道の大きな看板を見て木の階段を登る。
 一つ目の鳥居を過ぎると松並木の中、そして二番目の鳥居をくぐり左に進むと水場に出る。この辺りから両側に大きな杉になり、上から3人のハイカーとすれ違う。完全装備の方々が「長靴ですか。」という。

 蓬田岳遠景  中央左の黒木の帯が登山道(参道?

登山口と第一の鳥居        第二の鳥居          山頂手前の雪         山頂のお社

 11時26分、尾根に上がり分岐点に出て、右に向かうと花崗岩だろうか、露出した岩がここかしこに出てきた。

 雪は30センチ程度だろうか。良く踏まれていてもぐることはない。傾斜も緩やかになり、11時36分にお社と宝剣のある山頂に着いた。東側に90度の展望が広がる。さらに奥に進むと一等三角点を過ぎて、最高地点のある岩のところからの展望は180度以上、木が一本邪魔して居るが、こんなパノラマが見えるとは思わなかった。

お社から東のパノラマ                                 かえる岩?

最高地点から西〜北のパノラマ

 北西方向は雪雲がかかりつつあり、白いものがちらほらしてきた。12時17分、大休憩の後、撤収にかかる。

 お社を過ぎると地元の男性らしき長靴の方々3名ほどとすれ違う。こちらは私たちとは目的が違うようだ。(猟師かもしれない。)駐車場所には13時09分に到着した。一台止まっていた茨城ナンバーの車はすでにいなかったが、かわりに福島ナンバーの軽乗用車が入ってきて、女性が一人軽装で登山口に向かって行った。登山道も3方からあがってきているが、所要時間といい、たぶん蓬田岳はこんな山なのだろう。

 登り1時間09分、下り52分の軽い雪の低山ハイクであった。

 この後、宇津峰に登ろうと思ったが、天候悪化から栃木に帰ることにした。残念ながら雪雲がかかっていたので会津のお山は見えなかったが、秋から冬の晴れた日の展望はさぞや見事なものだろうことを思い、上の木の向こうに見える東山に年末から来年にかけて登ろうと決めた。

2005年のお山
トップページ