東から滝神山

茨城のお山めぐり
 
横根山・龍子山・高戸山
    滝神山・水沼山・鷹巣山

 再び笹の中を登り、アセビの小ピークを過ぎます。少しして背丈の笹が消え、尾根近くで再び現れますが、刈り払われています。尾根に出て右に曲がり、13時51分に三角点のある鷹巣山の山頂に到着です。
 

 すぐ右が閉鎖されている駐車場で海沿いに近い左奥に踏み跡があり、小さな木橋がかかっています。二方向に分かれますが右を直登します。
 4分で鞍部出二又に、ここは右のほうが高そうですが、左上に登ってみます。海側が開けて180度のパノラマです。老釣師がひとり、二本の竿を立てています。今日は波が荒いので大物が一本上がったそうです。二又に戻って反対側に進み2分で三角点と山名表示板のある高戸山の山頂です。

 しばらくぶりに未明に起床できましたので、ちょっと遠出をすることにしました。今年いちばんの寒さの中ではありますが、路面も乾いています。途中の茂木では−7℃の表示がありました。

山頂にて


 2008年1月26日のお山めぐりは茨城県高萩市の横根山です。

 ナビを高萩市秋山にセットし、4時過ぎに出発、7時32分に左画像を撮影し、地形図の破線路をめざして射撃場の看板から入っていきます。

次のページへ
トップページ
2008年の山
前のページへ

駐車場所(0:25)水沼山(0:33)鷹巣山(0:29)水沼山(0:15)駐車場所
             登り58分、下り44分、計1時間42分のハイキングでした。

 参考 25000分の1地形図「川部」
     HP「茨城の山紀行」さんのページ

山頂にて

↓水沼山 ↓鷹巣山

 12時51分、ダム手前にある登山口から出発です。雑木から黒木を過ぎると背丈近くの笹が出てきますが刈り払われています。すぐに笹が無くなり、水沼山手前で再び笹が現れます。
 13時16分に水沼山を通過します。水沼山より小高いピークを通過し、杉の林の中へ入ります。下ったピークは右に巻いて次のピークへ、ここは左に曲がり赤テープが誘います。さらに杉林のピークを左に曲がり、明るい雑木になると右上に登っていくようになります。

 帰路は往路を忠実に戻り、11時28分に駐車場所に到着でした。

  登り17分、下り17分、計34分のひと汗かいたピークハントでした。

   参考 25000分の1地形図「高萩」
       シモンさんのHP「山で遊ぼう」

 2008年1月26日のお山めぐりのぱーと4は同じく高萩市の滝神山です。

 このお山は茨城県のお山の草分け的なシモンさんのページで知りました。滝神社の奥の50m峰ということです。

 以前から登り口を探していましたが、お山の北側、画像の右奥に入る道路沿いの未舗装の道に駐車、10時49分に奥の杉林を目指します。杉林に入ってすぐに左の枯れ沢を渡り、左の尾根に直登です。藪の薄いところを選び、倒木を避け、尾根に出てからは倒木に乗って藪を避けます。
 お山の頂はほぼ平らで、東西に伸びる道状の凹みを越えて、11時06分にいちばんの高みで記念のデータを撮ります。辺りを数分探しますがここより高いところはなく、往路を戻ることにしました。

 10時22分に撤収、南に進む踏み跡を進んでみることにします。道は明瞭で左は海岸線で展望が広がります。直進は高萩ビーチガーデンに出ました。ぐるっと舗装路を回って10時37分に駐車場に到着でした。

  駐車場所(0:04)二又の鞍部(0:02)高戸山(0:06)高萩ビーチガーデン最奥部(0:10)駐車場所

  参考 25000分の1地形図「高萩」

釣り場から

最高部

踏み跡

ロープ

 道は南に下っており、先ほどの古井戸跡に戻りました。

    入口の駐車場(0:08)二つ目の橋(0:04)登り口(0:01)古井戸跡(0:11)
   山頂(0:06)古井戸跡(0:10)駐車場
                            計 40分の半分観光のピークハントでした。

    参考 25000分の1地形図「高萩」

 2008年1月26日のお山めぐりぱーと2は標高57m、城跡でもある龍子山です。

 このお山は数年前の夕暮れに登り道を探して西隣の松岡中学校付近に来たことはありますが、時間切れ敗退でした。

 今日は武家屋敷通り手前の駐車場から松岡小学校へ向かいます。

 橋を渡ると小学校に向かう通りは整備され、いくつかの茅葺の長屋門もあります。もう一回橋を渡り左から龍子山に向かいます。右の小学校の塀は白壁瓦葺で風情があります。

 上の画像の建物は実はトイレ、この奥を進むと山の中へ入ります。すぐ右に古井戸跡、反対側に遊歩道があり、直進は広場から左奥に登り口が見えます。私たちは直進を選びます。

 モウソウダケの急斜面にはロープが2本下がっています。ちょっとしたトレーニング場(?)です。登りきって左に明瞭な踏み跡があります。山頂にはなにも表示がありませんが、いちばんの高みで記念のデータをとります。


龍子山(57m)編

参考 25000分の1地形図「高萩」

山頂の福平反射板

福平反射板への標柱

分岐を右上へ

 反射板の後ろに回ると三角点と赤白棒にSHCの山名表示板があります。奥のほうに向かうと薄く刈り払いがされており、西に都室に向かうと思われるものと北から東に尾根を下るような踏み跡があります。ひょっとしたら別ルートがあるのかもしれません。

 8時29分に撤収、都室への踏み跡に未練を残し、次の龍子山へ向かうべく往路を忠実に戻ります。

 駐車場所には8時43分に到着でした。

   登り24分、下り14分、計38分のピークハントでした。

 林道の右の射撃場を見て、進行方向の道路は荒れています。しばし車を離れて先にいけるかどうか検討し出発します。路面に気を取られて頭上の送電線を通過、林道最終地点の舗装広場に到着です。
 7時56分に山支度をして出発、広場左奥の踏み跡に進みます。杉の暗い林の中の踏み跡は左の支尾根に向かう道と小さな沢の右を直進する道に分かれ、こちらを選びます。寒さのせいかアオキの葉も垂れています。
 まもなく直進する道の右に入る踏み跡と黄色の標柱が目に入ります。よく見ると「福平反射板へ至る」の文字が見えます。山頂方向です。途中にもう一本標柱があり、8時20分に山頂に到着です。

水沼山(459m)から
    鷹巣山(559.4)編

 2008年1月26日午後のお山めぐりは北茨城市の鷹巣山です。ここは東西に地形図の破線路をたどるべく考えていたのですが、茨城の山紀行さんのHPから水沼ダムからハイキング道路があると知りました。


滝神山(50m)編


東南から横根山方面

 辺りは広く刈り払われています。東に薄く踏み跡が入っており、赤テープが誘いますが、今日は往路を戻りることにします。
 13時54分に撤収です。帰路、尾根を左に下るときに確認したところ、笹の間に破線路が見え隠れしていました。

 駐車場所には14時39分に到着でした。

水沼山の山頂

倒木に乗って

藪と倒木を

高みにて

 2008年1月26日のお山めぐりのぱーと3は三角点峰の高戸山です。

 地形図からいちばん近いのは小浜の集落ですが、高萩ビーチガーデンから周りを伺い、最初に目をつけた地点に回りました。

 高戸小浜海岸は日本のなぎさ百選との案内板のある駐車場から10時10分に出発です。

↓この辺りが山頂三角点

龍子山


杉林へ

アセビの小ピークを過ぎて

高戸山(36.3m)編

横根山(389.4m)編