横根山(1372.8m)

過去の横根山
 2005年5月は未踏の方塞山、栃木百名山の古峰ヶ原の三角点を踏みに来たついでにアカヤシオのピンクにつられてきてしまった。やはりハイカーのご夫婦で午後からの晴れを確信して同じ稜線を散歩していた方に出会った。ここは何度来てもいいお山であるが、つつじの咲く頃がすばらしい。

 牧場内のアカヤシオ

方塞山の右奥に男体山

 2001年5月20日にツツジを見に横根山から井戸湿原を散策した。この日はうら若きモデルさんを伴ってのツツジの撮影会をしていた。ムラサキヤシオ満開の今日は絶好のハイキング日和であったが、ここは比較的穴場であり、お客さんも少ない。

 湿原内は木道も完備、象ヶ鼻から牧場の駐車場に戻り、帰途に着いた。私たちの目的のひとつはそば食いであり、ここまでくれば山の神のそばと相場が決まっている。
 

2001.05.20の井戸湿原のミツバツツジ

 最近、横根山直下の牧場内に宿泊施設ができたようで、遠くの方も天気さえよければ山頂の山小屋に泊まったような経験ができると思う。
 駐車場も完備、お手軽ハイキングの決定版ともいえるお山である。


※ ツツジ類はアカヤシオ、シロヤシオ、ミツバツツジ、ヤマツツジの順に咲く。

再訪したい展望のお山

 誰もいなくなった湿原の真ん中でしばしお花見です。探しました。もう一回あたりを見回しました。わからないはずです。まだほとんどが蕾、茎も小柄で痩せていました。

 お空も曇ってきたので、今日は象の鼻には寄らずにロッジに戻ることにしました。途中の牧場内には放牧の牛が寝そべっています。どうやら腰、背中のほうも違和感はなく、順調に回復しているようです。

 粟野町にある横根山は井戸湿原や牧場を従えて、お手軽ハイク、ランチのお山、花の山、紅葉の山、そして展望のお山、ここは何回訪れたろうか。

アリとアケボノソウ

ゲンノショウコ

湿原

井戸湿原

アケボノソウ

山頂

牧場から

 2009年09月14日のお山めぐりは横根山から井戸湿原です。

 軽〜い魔女の一撃から10日、3日前に軽い散歩、今日は軽い山歩で、横根山すぐ下にある前日光ハイランドロッジ駐車場からあの花を見にスタートです。

 結構風があり、半袖ではちょっと寒いくらいで、ロッジ前の駐車場は手前にバイク3台、奥に普通車ほかほか大型バス2台が止まっています。 

駐車場所(0:04)ロッジ前(0:10)分岐(0:10)横根山頂(0:24)井戸湿原(0:20)ロッジ前(0:03)駐車場

 所要時間は1時間34分(歩行1時間11分、あの花探索の山旅でした。


 とりあえずは後遺症はないようです。短距離を1〜2座こなしてから中距離へ、10月にはちょっと長めのお山へ向かいましょう。

前のページへ   2009年の山   トップページ   次のページへ

 帰路に寄ってみました。バイクの男性が避難小屋前のベンチで休憩していました。道路沿いにはゲンノショウコ、湿原にはトリカブトが咲いています。おっとあの花がほんの少しだけ咲いていましたが大半は蕾でした。

古峰原湿原


 ゲート脇を抜けて、砂利の道は手入れ良く平らで、バランスよく歩くのには支障なし。最初の分岐を少し左に入って最短で横根山です。あいかわらずの山頂は山名表示板が増えています。鶏頂山で見たものと同一作者のようです。三角点にタッチ、井戸湿原へ向かうことにしました。

 下っては登りを繰り返して、鹿ネットを開閉して通過、木道の奥に大型バス2台の日光〇〇の会と思しき団体さんの姿が見えます。湿原はトリカブト、たぶんゴマナ、アザミ、そしてお目当てのあの花ほとんど蕾でした。