栃木のお山めぐり
  八岡山・根古岩山

↓鳴蟲山            ↓大高畑山     ↓大鳥屋山

 2008年4月20日のお山めぐりは鹿沼市草久の地形図無名峰「八岡山」です。

 今日は出発時間が遅れていることもあり、未踏の同山とその奥の両ノ手山に向かうことにしました。

 草久から日光市宮小来川へ抜ける峠を越えて右に入る林道入り口に駐車、峠から登ることにして、8時46分に出発です。

次のページへ
トップページ
2008年の山
しだれ桜
宮小来川直売所の桜とユキヤナギ
ミツバツツジ
岩場と石祠2基

 山家の前の駐車場の案内板から根古岩神社はこの祠と思い撤収ですが、地元の人に確かめるほかはありません。
 帰路は往路を忠実に戻ります。帰りにヤマブキや山家前の花壇から関東ではじめて見るイカリソウをデジカメに収めて、13時41分に駐車場所へ到着でした。

 山家前の駐車場(0:28)展望歩道入口(0:31)祠2基の小ピーク(0:20)展望歩道入口(0:25)駐車場
          登り59分、下り45分、計1時間44分腹ごなしのピークハントでした。

 帰りに少しばかり上流に戻ってみました。山家より少し上の水道施設の入口右に根古岩神社の石碑とお供え物があります。山家の女性から根古岩山の呼称は間違いなくあり、地元西小来川の男性は春秋にお参りするとのことでしたが、女人禁制で山頂の様子は知らないそうです。まがりなりにも根古岩山の一角に登っていますので、いずれ情報収集しようと思います。

 12時09分に、林道の曲がり角から標識に従って左の展望歩道へ向かいます。手前の広場にはフォルクスワーゲンが一台とまっていますが辺りに人影はありません。再びネットを開けて奥に向かいジグザグに斜面を登ります。12時18分にネットを開けて植林地の中へ入ります。ここからは案内板はありませんが、踏み跡が黒木の中をジグザグに登り、すぐに雑木帯になります。登りきると黒木の尾根直登に変わります。
 12時37分に左からの尾根と合流し右に向かうことになり、2分で岩場に出ます。2基の石祠がお出迎えです。ここが根古岩神社でしょうか、石祠の中の石板には○鳥山、○○山の文字がありますが、判読不能です。少し先に行ってみましたが尾根が下りになりますので戻ることにしました。
(帰ってからノラさんのHPを再確認、奥に山神宮の石祠があるようです。) 

 2008年4月20日午後のお山めぐりは腹ごなしの根古岩山探索です。

 山家で大盛りそばを所望、根古岩山の情報収集をして、11時41分に下の駐車場からネットを開けて石楠花、ミツバツツジの咲く遊歩道を登ります。

 11時56分に再びネットを開けて林道に出て右上に展望歩道を目指します。

根古岩山編

↓鶏鳴山           ↓笹目倉山
山頂の表示

 下る尾根の途中から鶏鳴山、笹目倉山が望めます。

 途中から間伐の尾根を直進し、幹線道路に直接出ることにしました。
 駐車場所には10時49分の到着、お隣に軽の山菜取りの車が止まっていました。 

駐車場所(1:15)八岡山(0:33)幹線道路(0・07)駐車場所
          登り1時間15分、下り40分、計1時間55分のピークハントでした。

 八岡山からは東西どちらからか六郎地山までつないで見る予定です。まだまだ歩き足りないものがありますが、とりあえず日光市のそば処山家によってエネルギー補給することにして小来川方面に向かうことにしました。

 小さなコブを過ぎて右下の植林地は間伐されており、少し右に寄って藪を避けながら登ります。ここは急登です。傾斜が緩くなると左にワラビの太いものが出ています。少しばかり寄り道で500円相当分の山菜をいただきました。
 

 平らになってからふと膝頭を見るとマダニが数匹動いています。朝自宅を出る前に防虫スプレーを用意したのにかけ忘れ、おまけに所持していません。とりあえずカヤ、笹をストックではたきながら前進しますが、いっぺんに数匹ずつ払い落とします。

 10時01分に到着した山頂には地形図に三角点記号がありますが、「栃木AI」さんの赤テープ以外に人工のものはありません。手前が削られたように一段低くなっていますので消失のようです。ここでもマダニが膝頭をはいずっており、都合何匹払ったかわからず、戦意喪失で10時09分早々に撤収することにしました。

 峠の日光よりのほうから斜面を登ります。南側は植林したばかりの斜面、北側は間伐前の黒木の林で枝が低く進行は×、尾根に向かって左に進みます。すぐに明るくなり鹿ネットが尾根沿いに右上に上がっています。
 茨が多く、右の黒木の斜面に逃れますが、すぐに尾根沿いに藪を分けるようになります。ほどなく茨も薄くなり左(南)と後方に視界があけます。

前のページへ

 福島県の桜を見に行く予定が、2日続けての雨と強風、前日の疲れか起床が遅れて近くのお山へ向かうことにしました。

↓八岡山
中央が根古岩山か

八岡山(641.5m)編

 小来川は春満開でした。山家遊歩道内はミツバツツジ、石楠花、桜が満開、宮小来川付近はユキヤナギ、桜、石楠花、しだれ桜が咲き、ツバメが舞ってちょうどよい時期でした。
 鹿沼に向かう途中に見える右上のお天気山のてっぺんがピンクに染まっていました
。来年は西側から登ってみましょうか。

手前の小ピークと鹿ネット
マダニ