臼杵山
臼杵山(842.1m)盆堀山(391m)城山(434.1m)

 年内予定の戸倉三山、12月01日の予定だったのですが晴れの日は一日早く来ました。しかも一日だけです。とりあえず狛狼のひと山だけでもと前日午後6時に出発、途中でP泊です。
 
 2011年11月30日のお山めぐりは東京都檜原村の臼杵山(うすきやま)にしました。臼杵山北峰の臼杵神社には大岳山や御前山の神社の狛狼さんと同じようなものタイプがいるそうで、年内には歩くつもりでした。

                       湯久保から臼杵山
                 
 
 数馬行きのバスはすでに通過したあと、徒歩で西進し荷田子登山口を左に見て、途中で藤倉行きのバスに乗りそびれて予定の下元郷バス停には7時44分の到着です。

 お犬様に見送られて(吠えられて)左の細道をゆっくり登って行きます。登山道は砂防ダム手前の笹が最近刈払われたようで右上から迂回して砂防ダム奥に進んでいます。植林地の中の急斜面をジグザグ登りで尾根に出て左上に登って行きます。植林地の暗い林はコアジサイか黄色の葉が目立ちます。

 最初尾根の左を巻いた登山道は尾根に復帰して登っては緩みを繰り返し8時52分にアンテナ施設の脇を通り抜けます。すぐ右に案内板、そして右下から明瞭な道が登ってきています。先には檜原村ハイキングコースの案内板が左を差していました。
 
    
バス停から左上へ 急斜面のジグザグ道 最初のアンテナ施設 
      

 再び登りになってコンクリートの階段のなれの果てを踏みながら登り、9時30分に2つ目のアンテナ施設を通過します。正面の木々の向こうにピークが2つ目に入りました。

 6分で右下から明瞭な道が登ってきている分岐に案内板があります。右下は「参道 笹平」とありますから臼杵神社の参道でしょうがガイドブック、ネット情報にもありません。

 少し登って9時43分、待望の臼杵神社のあるピークに到着でした。ザックを下して狛狼さんのデータを撮ります。背後に少しだけ空間があり三頭山方面が見えます。南峰もありますが少しだけエネルギー補給で24分程経過、今度は南の臼杵山へ向かいます。

 左下城山方面への分岐は直進で下って登り返し、間伐で空間の現れた左の杉林の向こうに山並みが目に入り始めてすぐの10時13分、山名標柱の立つ臼杵山到着です。再びザックを下して休憩です。

   
2つ目のアンテナ施設 北峰の臼杵神社    臼杵山からの展望
     
 
 少々早いが展望を見ながら昼食にしましたが、突然サイレンが鳴って、ドーンという音、眼下に白煙が上がっています。採石場の発破ですね。

 10時36分に撤収、北峰に戻る途中で右へトラバース、荷田子峠・城山方面への登山道に合流し、右下に下ります。最初は急降下、少し登り返しての下りは比較的緩やか、小さなピークは左右に巻いて登山道が進んでいます。

 11時29分に656mピーク付近を通過します。登山道が右に戻った地点で何やら物音、手を叩いて先方を見ればザックを置いて斜面に男性が一人、会釈して尾根に出ると戸倉山茱萸(ぐみ)御前と書かれた石柱、石祠、案内板があります。

 11時44分に左が開けて左に展望、少し下って荷田子峠への分岐の先の小さな突起、その先の尾根からは今日一の180度の展望が広がっていました。

        
 下ってきたグミ尾根       その右三頭山方面  
         


 緩いアップダウンの尾根を進んで左にトラバース道を見送って黒木の林を登って391m評点ピークの盆堀山、道は直角に左折して下って行きます。12時35分に十里木分岐は直進、送電線鉄塔の下をくぐって城山へ向かうことにしました。

 伏木の階段道は高さも木一本のみで緩やか、登り切って「出丸」と呼ばれる城郭の左を巻いて細尾根へ出ます。12時52分に展望が開けている城山の山頂で甘いものを入れて3度目の休憩です。

           
城山にて           金毘羅尾根か
       

 城山からは光巌寺経由ではなく、西戸倉登山口へ下ります。急な伏木の階段道、傾斜が緩んで両側石垣の道の右に明瞭な踏み跡を下って行くと赤い西戸倉稲荷大明神のお社、さらに墓地の左を下って舗装路へ出ます。

 少し遠くの右上に見える鳥居は古い狛犬さんのいる神社でしょうが、今日はパスして左折し幹線道路に出て再び左折、十里木駐車場には14時44分の到着でした。

 十里木P(0:56)元郷バス停(1:08)アンテナ施設(0:38)2つ目のアンテナ施設(0:06)笹平分岐(0:06)臼杵神社(0:06)臼杵山(1:11)荷田子峠(0:43)十里木分岐(0:17)城山(0:18)西戸倉登山口(0:16)十里木P

  所要時間は6時間56分(歩行5時間46分)、望外のパノラマそして狛狼さん探索の山旅でした。

 
         GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)この地図を
 第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です.。 


 ポケットに620円を入れてバスに乗る予定でした。事前に調べた数馬行きは6時台には遅れ、7時台は1時間以上あとでした。ところが途中で藤倉行き(があったんですね。)を見送って・・・。こんなことでは列車バス利用の登山はできませんね。とりあえず檜原村の狼さんは終了です。戸倉三山の残りの市道山、刈寄山は機会があれば別ルートで登ってみましょう。                                                   

 前のページへ        2011年の山       次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ