腰掛岩から
       三峰山(444m)
 
 前々回の又手山408.8m峰にあった雷電山の板、登ったあとで南の444m峰はどうなっているか気になっていました。午前中の用事が終了した午後に出かけてみることにしました。
 
岩崎神社近くから又手山と444m峰
 2012年04月15日のお山めぐりは古賀志山塊西部にある3回目の444m峰です。

 12時17分に岩崎神社裏に車を止めて咲き始めたニリンソウを眺めながら出発です。

 幹線道路を南下、適当に左に入って行くと道は左折、そして右折で少しばかり遠回りをしたようで三峰山(岩崎城跡359m峰)の南側に入る林道入口の丁字路は12時27分の通過、右に進んで行くと、 すぐに猪除けの電線を跨ぎます。その先の変形Y字路は直進です。

 頭上の送電線を過ぎて12時39分通過のY字路は舗装の右を選択、3分で頃はこの辺りか右に進む砂利道、さらに3分でY字路は右上に作業道を登り、終点から左上に支尾根に取り付きます。ジグザグに息を切らせて登ると緩やかな植林尾根、13時05分に支尾根が合わさる小ピークへ出て左へ下って登り返しです。

 左下には明瞭な作業道、尾根探索ですから納得ですが、次回はこっちで手抜きしましょう。さらに東進で13時12分の小ピークの南はちょっとだけ展望の岩の突端でした。戻って東進、緩やか下りから一転、尾根は消失し急斜面の植林地の登り、3回ほど途中で立ち止まっては右の岩の急斜面のピンクを見ます。右奥の腰掛岩方面からハイカーの声が耳に入ってきました。

 13時31分に主尾根に登りついて右の腰掛岩方面に下ります。登りついたところの木には帰路に黄色のテープがありましたが、気がついたのは腰掛岩から444m峰に向かう時でした。

 
ちょっとだけ展望は手前が腰掛岩か?登りついた尾根道脇のマーク    
  

 腰掛岩手前から左は開花したばかりのアカヤシオ、右下斜面は全開状態のアカヤシオを見ます。腰掛岩近くになって右に黄色のヒカゲツツジ、下の方はツボミだけのものもあるようです。

 13時33分に腰掛岩に到着、先客はすでに立ち去ったあとで展望独り占め、いや2人占めか?右側の松が2本伐採されたようで鹿沼方面の山の展望は少し広がったものと思われます。(枯れたのならともかくもなあ・・・。)

 13時49分に撤収、6分で444m峰へ行ってみると石祠の先には「三峰山」のカワスミさんの板がかかっていました。ここで408.8m峰との鞍部から岩崎神社に戻るか、まだ歩いていない444m峰南東の鉄塔敷経由とするかPさんと相談、後者を選択です。

     
腰掛岩にて       近くのヒカゲツツジ   444m峰の三峰山の板
   

 展望尾根の急降下の斜面は避けて手前左(北)から植林地の斜面を倒木を跨いで下ります。少し登り返して展望地で一息入れ、さらに東進、大きな岩の左を巻いて下って地点の分岐を右へ進みます。先ほどの展望地の下に出て見上げれば急降下の岩場でした。鞍部から左へ進んで2つのコブを越えて鉄塔敷へ、ヤマザクラの花芽を見て小休止です。

 ここから植林地をジグザグ下りで見覚えのY字路に横から下って地形図実線路にの砂利道にドッキング、右折になります。このY字路の左(北)の道もまだ辿っていませんので次回以降に探索ですね。

 西進して2か所の左に入る道を確認し、林道をさえぎっている2か所の倒木をくぐってさらに跨いで幹線道路には14時52分に出ます。右折して岩崎神社へは14時59分の到着でした。

 岩崎神社(0:10)林道入口(0:16)分岐(0:22)最初の小ピーク(0:07)次の小ピーク(0:18)腰掛岩(0:07)444m峰・(三峰山or馬入らず)」分岐(0:19)鉄塔敷(0:05)Y字路(0:20)幹線道路(0:08)岩崎神社

 所要時間は2時間42分(歩行2時間12分)、アカヤシオ、ヒカゲツツジ、名板確認、小藪の山旅でした。

 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「文挟」「大谷」
     
        GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図 画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号 平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 
駐車地近くで花を見ていた年配女性としばし立ち話、山の名前は「馬入らず」、手前の「ヒライ(漢字は不明)」の奥のピークで一度登ったことがあると言っていましたが、又手山のピークの呼び名「赤面山(あかめんやま)」については知らないようでした。

 
444m峰の板は前々回の岩崎観音山・三峰山のものと同時期のもののようです。又手山にあった雷電山の板はちょっと古そうでどこからかのものを付け替えたようです。数年経過の実績もあり、又手山は当分そのままとし、444m峰はSHCカワスミさんの板に従って「三峰山」としましたが再度情報収集してみるつもりです。


 前のページへ       2012年の山       次のページへ

          しろうと山ヤの部屋トップページへ