女ノ川ルートから筑波山

午後は所用で茨城へ、
午前中に裏筑波を覗いてみることにした。

曇りでお山は見えず
 2015年08月22日のお山めぐりは今年3度目の筑波山です。

 もう遅いかイワタバコ・・・。ということで前回6月20日の女ノ川ルート(ここをクリック)を辿ってみることにしました。

 男ノ川ルート入口近くの空きスペースに駐車して7時56分に出発、11分で到着の女ノ川ルート入口から右上に登って行きます。まだ記憶も残っている沢を左右に横断する登り、左の杉林の沢すそを登る道は明瞭です。
 大小の岩がゴロゴロする沢中の登りから土の斜面、左右に踏み跡がありますが右は進入禁止の伏木、こちらは次回にして左に向かいます。
 右の大岩のイワタバコは完全に終了でした。先に進んで左下からのぼってくるキャンプ場からの登山道に合流し右上へ向かいます。

 途中で見えるはずの景色は雲の中、御幸ヶ原からの道に合流して左上の女体山ですが、こちらもミルクのカーテンで展望皆無でした。帰路は御幸ヶ原からお初のユースホステルコースを下って行きますが、こちらは幅広砂利道の登山道でたぶん2度と通ることはないでしょう。

 7時57分には2台だった男ノ川コース前の路肩にある駐車場は、今はほぼ満杯、すぐ下の駐車場所には10時35分の到着でした。


 所要時間は2時間39分(歩行2時間25分)でした。


 駐車場所(0:11)女ノ川入口(1:14)主登山道分岐(0:06)女体山下分岐(0:03)女体山(0:02)分岐(0:11)御幸ヶ原(0:38)


GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 イワタバコはもう終わっていました。今日は山頂付近は雲の中、低山とはいえ百名山、けっこう人は来ていましたが女ノ川ルートは私達だけでした。


  前のページへ


       2015年の山

            次のページへ

 ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ