次石山から雷電山経由城山

 昨日は農作業、今日は起床が7時過ぎながらお空は青く山日和、ムシがうずうずしていますが、出発時間は10時になり、近くのお山へお散歩としました。

 2008年11月30日のお山めぐりは鹿沼市富岡平野の集落から次石山・雷電山・城山です。

ここから未踏のピークに向かいます。北に尾根を下り、左に赤テープがありましたが直進、実はこれが誤りで左に下るのが正解でした。すぐに気がつき復帰、13時20分に雷電山のピークです。後ろから笛の音が聞こえていたのでゆっくり歩いていたら、ここで追いついてきました。

 埼玉県南の方で、時間の関係でこの先の送電線鉄塔から左に下るそうです。この前の若見山に続いて塩原の白倉山の情報収集をされてしまいました。

 
 13時32分に撤収、送電線鉄塔に向かう途中で急傾斜の下りを過ぎて、前方の高いピークに向かおうとしましたが、ここは先ほどの男性のことばで思いだして踏みとどまりました。地形図忘れが響いています。

 13時47分に鉄塔を見て、少しの展望のその上の372mピークを通過、日が陰り始めた尾根を進みます。13時58分に小さなピークを通過、ここは右へ、さらに二つのピークは踏み跡が右を巻いて進んでいます。
 
 

西の岩棚からの松と岩

 さて、西側は切り立った岩棚、岩が立っていて180度の展望が開けます。正面の次石山、足元には左の画像の岩、右に日光連山が目に入ります。

 左の画像の中間の岩の基部まで降りてみました。ここから右下に丸い鎖の輪で降りられるはずですが、下が見えませんのでパスしました。また先ほどの石祠に戻ってから仕切り直しです。

平野集落から    ↓南の430mピーク   ↓次石山↓東の420m岩峰

↓高原山                    ↓古賀志山                 南の430mピーク↓

 14時23分、雑木で明るい尾根になると左に高みがあります。進んでみると三角点、新旧二つの石祠、RK氏の標高の板がお出迎えです。

 14時28分に撤収します。あとは南東に尾根を下るだけですが、二種類のテープに惑わされます。標高300mあたりで左に引き込まれますが、すぐに道形は消滅、尾根に戻って進んでいくとテープ類はありませんが、砂利の林道には14時51分、駐車場所には15時20分の到着でした。

 12時11分に撤収、4分で石祠へ、2分で巻き道へ出て南側に下ります。少し下って岩壁を左に巻いて黒木と椿の暗い斜面を進み、適当な地点から右上に出ます。12時26分に尾根に戻ります。1分ほど左に進むと左側の木に赤テープ、ここが本来の出てくるべきルートでしょう。傾斜も緩やかでした。

 呼吸を整えていると上から笛の音が、男性が降りてきました。板荷駅から来て岩峰往復でまた戻ってくるそうです。

 12時38分に再訪の次石山の山頂です。10分ほど小休憩、エネルギー補給です。 

 雑木の尾根道を進むこと3分でごつごつした岩が散在する尾根、さらに4分で左が開けて筑波方面が開けます。11時49分、左下に向かう薄い踏み跡、おそらくこれが巻き道でしょう。とりあえず右上に向かって11時52分、石祠の420mピークに出ます。東側は岩棚で高原山から古賀志山、鹿沼市街まで180度のパノラマが広がります。

  正面に大岩が

 次石山は一度板荷方面から登っていますが、日光稜線紀行さんの周回レポ、過去新ハイキング誌に記事がのったこともあり、いつかはと思っていました。

 平野の集落東の行川に架かる平野橋の少し北の川沿いの空きスペース駐車、10時54分に出発します。集落の中を通過中に地元のおばあちゃんとお話、次石山は「つぎいしさん」と呼んでいました。

 砂利の林道を入り、二股は右に進み、右に見える最初の小さなピークを越えたところで11時08分に林道右のうすい踏み跡から鞍部へ、赤白の細い布が下がっている鞍部から左上に登ります。かなりの急登です。登りきったところに赤白青の細い布が下がっています。11時23分、杉の木に山に大の文字がいくつか出てきます。尾根筋は右に軽く曲がりながら進み、急登で大きな岩につきあたります。ここは右に巻くと右下からくる支尾根に出て左上に向かいます。
 すぐに急斜面に岩がそそり立ち、どこからとりついたらいいか考えますが、斜面を右に踏み跡が進み、すぐに左上にキックバックして、11時41分に再び主尾根に出ます。

次のページへ
トップページ
2008年の山
前のページへ

 駐車場所(0:58)石祠の430mピーク(0:04)岩棚(0:04)石祠の430ピーク(0:23)次石山(0:32)雷電山(0:15)鉄塔(0:36)城山(0:28)日光市小倉の集落(0:29)駐車場所

   所要時間は4時間36分(歩行時間3時間49分)、意外と展望の尾根歩きでした。


参考 国土地理院25000分の1地形図「文鋏」
    日光稜線紀行さんのHP

 今日はあわてて車のダッシュボード上に地形図ほかを忘れて行ってしまい、最近衝動買いした購入したて、操作もままならずのナビに入れた地形図での山歩きでした。それにしても次石山東の石祠の岩峰は東西ともに展望がいいお山でした。

城山の石祠ほか

雷電山にて