東堂山(618m)
602標点ピーク(月夜見山?)から東堂山


当HPには宿題が那須町のお山2つ・・・。
花粉がいやだが北なら大丈夫だろうということで
重役出勤で那須町へ出張です。

大畑から東堂山
 2016年02月28日のお山めぐりは栃福県境尾根から東堂山です。

 前回追分山の時の駐車地に車を停めて10時35分に北上、左に矢の根石を見てその先の丁字路を右折し林道に入って行きます。


 すぐ北側の尾根は沢を渡渉できず、ほぼ南の急斜面の直登となってしまいました。標高差120mほどの急登のあとは緩い登りで今日の最大の目的602m標点ピークのカワスミ氏の名板に御対面でした。

 さてさて、Pさんの足と相談、東堂山も大丈夫そうで東進です。見覚えの作業道を登り、終点から左上に登り返して追分山(2015.11.27)ですが、再訪なのでパス、右にゆるい斜面をトラバース、途中の倒木に腰かけてエネルギー補給です。

   
駐車場所から北上   南から直登  4文字・2番目は夜?
   

 13分で再スタート、県境尾根に登り返して南下します。710m標点ピークへはほとんど緩いアップダウンの連続ですが、倒木を跨いで下った県境上の鞍部に土管(コンクリ製)がぽつんと立ち、一か所だけちょっときつい登り返しがありました。

 710m標点ピークまでは尾根沿いにけっこううるさい雑木藪が連続しますが笹はありません。709標点ピーク手前の県境稜線には今日2つ目の土管が埋められていました。

  
12時57分   710m標点ピーク      2つ目の土管
   

 県境稜線は南進ですが、今日目的その2は再訪の東堂山です。西進して登り返しが709m標点ピーク、その先は幅広い尾根の下りから細尾根へ、やや急登のコブで騙されました。かすかに記憶のある石祠の山頂には14時15分の到着でした。

 山頂から南進の予定だったのですが、GPSを覗いてみると西に下りかけていたので再考、北に最短で下ってみることにしました。北尾根はけっこう急降下、尾根の右は急斜面、左はなだらかでした。尾根末端で藪化した作業道に出て左へ下ります。

 
   幅広い尾根を    赤テープ2本 名板は木に取り込まれそう
   

 おあとは実線路を西進、舗装路に出て右折になります。青面金剛のある神社に寄ってから幹線道路に出て再び右折、駐車場所には15時20分の到着でした。

 駐車場所(0:59)602m標点ピーク(0:43)県境稜線(0:53)710m標点ピーク(0:16)709m標点ピーク(0:31)東堂山(0:50)駐車場所

 所要時間は4時間45分(歩行4時間12分)、名板確認と再訪のお山探訪のミニ尾根歩きでした。

 参考 国土地理院電子地形図「旗宿」「伊王野」
     野球親爺さんのブログ「中年からの山歩き」

          GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
  「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 602m標点ピークの名板は古くなって字が消えていました。斜めに見ると四文字で真ん中が「夜」にも見えます。山名確認に訪問先は担当不在、月曜日はお休みでした。那須町のもうひとつの山名とともに調べてみるつもりです。
 そうそう午前中は何ともなかったのですが午後になって花粉症の症状がでました。那須町東部も始まったようです。


  前のページへ      2016年の山     次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ