天狗山

 天狗山は地形図の記載のないお山で、旧名立町と旧能生町の境にある。登山道の表示板は能生の仙納集落にあるが、アンテナ施設の巡視路の舗装道は名立から入っている。残雪時と6月に入山してみたが、後者は展望は皆無に近い。
 やはり積雪時に登って展望を楽しむお山のようだ。私たちにとってはスノーシュー入門のお山として、2002年3月9日にいい経験をさせていただき、地形図の記載の道のない大峰山を通過して登らせてもらったが、近くに住んでいるならば頚城アルプスの展望台、鉾ヶ岳の展望台として初心者には最高のお山といえそうだ。
 ちなみに当日は、名立側から巡視の方と思われる作業服の男性がアルミのワカンをつけて登ってきていた。機会があれば何度でも登ってみたいお山のひとつである。

 大峰山からの尾根より、妙高山から火打山の稜線のパノラマ、右は天狗山の電波施設

天狗山の電波施設から焼山kら鉾ヶ岳の稜線

再訪したい展望のお山
トップページ

遊歩道跡から筒石港 

天狗山の案内板

雪に埋もれたアズマヤ

天狗山遠景