天狗山
再訪の織姫山と両崖山
本城富士(150m級)雷電山(223.2m)
天狗山(258.6m)・かわら山(202m)

寒さで復活の右肩・右腕の軋み?と鈍痛から登山道のあるお山へ
新ハイキングの記事からストックしておいた山域をPUです。

地形図無名峰ながら富士のお山もあります。

両崖山北の登山道から
 
 2014年02月13日のお山めぐりは足利市の天狗山ほかにしました。

 織姫神社下の交差点西側にある無料駐車場に車を停めて9時44分に出発、交差点を渡って織姫神社へ登って行きます。

 

 神社で2対の昭和の狛犬さん、南に広がる浅間山方向のパノラマを見て神社奥へ進みます。すぐに左上に登る遊歩道から織姫山の三角点を目指しますが、10時02分の三角点下には無情にも「進入禁止」の板、十数年前に歩いていることもあり、パスしました。

 レストラン右横から奥へ、次のピークも古墳で進入禁止のトラロープが張られていました。遊歩道は陸橋を渡り、登りになってあずまやを過ぎて次のベンチのあるピークで2人の先行女性がおしゃべり休憩しています。

 道は少し下ってから登り返し、この辺りで下ってくる男性数名とスライド、背後から亀足S&Pを軽装ハイカーが追い抜いていきます。10時42分、岩尾根のピークというより肩か、背後に180度の展望が広がる。デジカメにデータを入れている間も続々と男女が下りてきます。

  
三角点は進入禁止  帰路予定の尾根と太田金山 展望台へ
   

 展望台直下で右に下る切り開け道を探し、10時48分に右下へトラバース気味に下って行きます。尾根に乗ると幅広くなり、コンクリートの階段も出てきます。傾斜が緩んで10時55分、左下に誘う案内板ですが、道のない尾根を直進です。小枝を分けて10時59分に登り付いた山頂は情報どおり富士山形の岩があります。ここが150m級本城富士で木越の展望になります。

 分岐に戻って北に植林地の中を下り住宅地の中を右下へ、左に雷電神社の石柱を見て左折します。狛犬1対を見て11時27分に境内へ、こちらにもあった狛犬1対を見て同神社の左から奥に進んで登山道へ入ることになります。

   
展望台下右端から     本城富士にて    ここを左に入る
 
  

 最初は緩い登り、右上に方向変換して伏木の階段道は急登で尾根に出ました。ここには直角に左上に誘う案内板がありますが、少し右は山王山から大小山方面が開けて展望が広がっていました。

 分岐から登ること5分で鳥居、左上が三角点のある雷電山の山頂ですが、ここも右(東)が伐採されて大展望です。エネルギー補給で30分ほど休憩、展望をデジカメに収めます。情報では山頂から西に進んだ部分が大展望のはずで、11時54分に山頂を撤収し西進することにしました。

   
本城富士と両崖山   山頂の石祠    直下のパノラマ
   

 1分ほど進んだケルンのある尾根はやや広めになり、なるほどの大展望でした。再び西進、小さなピーク、ベンチのあるピークを通過、下った鞍部は右下から登ってくる道と合流ですが左の直進を選びます。

 12時54分に到着の登り返したベンチのあるピークから直角に左(南)へ進みます。

 尾根上からは冒頭画像の鋭く尖った天狗山が見えます。次いで三度ベンチのある220m級ピークへ、ここからは右に大岩山方面がよく見えます。ピークから左下に下ってから小さな堀切、そして大きな堀切を越えて急斜面を右・左と方向を変えて登り、地元の女性がひと休みしている両崖山には13時18分の到着でした。

 ひとしきり情報交換、13時31分に南に下り、女性は織姫山方面へ、私たちは右の天狗山をめざします。

 
ケルンのある尾根から両崖山  タブノキの標柱
    

 道はいったん下って右下からの道と合流、直進で登り返して右へ下ります。かなり進んだところで堀切らしき凹部を見て分岐で作戦会議、Pさんの足が重くなってきたようですが天狗山まで行ってみることにしました。登り返しは左の本道と右の巻き道、Pさんは本道のようでトラロープの張られた岩場を登って行きます。左右に展望が開けた天狗山には14時00分の到着、風が強くなってきました。

 登山道は緩い下りから次の202mピークは平らな尾根の一角にあり、202mの名板があります。先に進んで左下に曲がりますが、案内板のお誘いで富士見岩展望台に行ってみると、こちらも大展望でした。

    
天狗山の山頂       富士見岩から
  

 下った鞍部でPさんと協議、西宮への案内板のお誘いで左下にエスケープすることにしました。道路沿いの通り6丁目で厳島神社、通り5丁目で八雲神社に寄って狛犬さんがいないのを確認、その隣の駐車場には15時05分の到着でした。


 駐車場(0:19)織姫山(0:43)展望台下分岐(0:10)本城富士(0:50)雷電山(0:53)両崖山(0:29)天狗山(0:15)かわら山(0:32)駐車場


 所要時間は5時間21分(歩行4時間11分)、展望の山旅でした。


 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「足利北部」
     新ハイキング638号P62「両崖山から天狗山」
     HP「やまの町桐生」さんから「本城富士」「本城雷電山」


           GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」   
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

 前のページへ        2014年の山       次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ