茨城のお山めぐり
   天狗岩(592.4m)編

 12月に入って冬型になりそうな天気の移り変わり、今回も天気のよさそうな茨城詣でとなります。

506mの次のピークから左奥が天狗岩

 2006年12月02日のお山めぐりは茨城県大子町の天狗岩です。

 天狗岩は八溝山から上野宮に向かう南南東に下る尾根の末端近くにある三角点峰です。

 前日までのお仕事疲れ(?)か起床が遅れ、ナビをセットした場所に9時30分に到着です。地形図とにらめっこして上野宮の吉ノ目集落から右に林道を入ります。
 民家の男性と目があったのでご挨拶、「急登だよ。」「大きな岩は登れないから左を巻くといいよ。」と教えていただきました。
 

 八溝川にかかる橋を過ぎてすぐ左に朽ちかけた木橋を恐る恐る渡ります。左に作業道の道型が進んでおり、八溝川の堰堤からの白い滝が目に入ります。
 道型は右上に登っていきますが実生の杉、小さな雑木がはびこっており、これを分けながら進みます。10時ちょうどに二つ目の分岐で右上に直登です。8分で右から左に進む道型に合流、今度は道型を左上に追いますがすぐに消えました。左下から来る尾根に乗るしかありません。

 藪の少ないところを選んでトラバース気味に登ります。10分で尾根に出ると藪はあるものの木橋のところに降りている東南東尾根よりは少なそうです。

植林の作業道の道型

 10時24分、やっと右上に大岩が見えてきました。木橋から直登するとこの大岩にぶつかるようですが、左からの支尾根に乗ったので大岩の左側面に出たようです。ふと左を見ると背丈を越える笹が繁茂しています。薄い踏み跡と赤テープが大岩の左側面に誘います。大岩の上で3分ほど小休憩と木の間に見える奥久慈男体山をデジカメに納めます。

大岩

 10時41分、506m評点のピークです。尾根はいったん下って登り返します。左側の間伐の代償でしょうか尾根の左側の藪が刈り払われています。
 次のピーク手前でつつじの残りモミジをデジカメに収めます。ここから正面に見えるピークを天狗岩と思いましたが、実は左奥のピークでまんまとだまされました。

 天狗岩の山頂には11時12分に到着です。黒木に囲まれて展望はありませんが、RK氏、SHCカワスミ氏の二つがあります。休憩してエネルギー補給です。今回は堂山がありますので11時29分に撤収します。

 帰路は往路をもどることにしました。手前のピークは直進すると×、右(南)に向かいます。

 今度はやや気分も軽く木橋を渡り、民家の犬にほえられて、12時32分に駐車場所に到着です。

天狗岩山頂と三角点

大岩上から唯一の展望・奥久慈男体山方面のクローズアップ


 登り1時間24分、下り1時間3分、計2時間27分の藪山ピークハントでした。

※ 自動車は吉ノ目集落の林道にはいる手前に数台のスペースがあります。
※ 木橋は横板でなく柱の部分を渡ったほうが無難でしょう。自己責任で・・・。
※ 2003年11月この先の小田貝集落から小田貝沢に沿った林道を入り、平郷集落を過ぎた地点から
 花瓶山に登ったのを思いだしました。

つつじの黄葉

手前のピークを望む

  堂山(460.4m)編

茶畑と堂山(中央奥)

 2006年12月02日午後のお山めぐりは同じく大子町左貫の堂山です。

 朝近くのガソリンスタンドで登り道を聞くと点の記と同じ道が残っているとのことです。堂山の西側からのアプローチです。

 須賀川へ向かう県道から郵便局を過ぎて右に入って、300mくらいの地点のゴミ集積所付近に駐車、12時52分に出発します。 

 すぐに左に曲がり橋を渡ると右に最後の民家、左に墓地があります。その間を進んでいきます。画像の中央の左雑木、右黒木の間に直線的に入ることになります。道は未舗装ですが、草木はなく比較的歩きやすい作業道です。

 道は直進と右に分かれていますが、杉の植林地を登りつめると右に道型が進んでいます。点の記では1.3k20分で山頂とありますが、ここまでで21分かかっています。

右が最後の民家

 登山道は左の尾根を巻いて右側斜面を進んでいます。
 尾根に出て右(南)に向かって、13時30分に山頂に到着です。周囲は黒木で展望は皆無、茨城でよく見る黄色の表示板、RK氏の表示板があります。
 

左の尾根を巻く細い踏み跡

尾根に出て南へ

山頂にて

たったひとつの展望

 13時34分、山頂を撤収します。下る途中で踏み跡が左に降りています。ひょっとしたら最初の二又の道に出るのかもと辿ってみます。登るときの南側の尾根を下っています。
 途中一箇所だけ開けているところがあり、県境の稜線が目に入ります。

 尾根沿いに下ると正面が小さなピーク、左に小さな踏み跡、右に明瞭な道型が別れ、右を選ぶとすぐに往路に出ます。駐車場所には14時03分に到着です。

 登り38分、下り29分、計1時間07分のピークハントでした。

※ 尾根から左(南)に降りる踏み跡は和田集落から北東に入る林道に出るものと思われます。(未確認
 注意)

前のページへ
2006年の山
トップページ
次のページへ