太郎山(2367.5m)

 スズメバチの一刺しから10日を過ぎ、足がうずうずのS&P、昨日防護服(中間着)が届いたこともあり試着して歩こうと思いました。起床してみると日光方面は高曇りのようです。

男体山に雲が・むむっいやな予感が

 2008年9月28日のお山めぐりは奥日光の太郎山です。

 宇都宮を8時ちょっと前に出発、秋の交通安全運動のさなか、白黒の車が目立つ国道121を一路北上、志津林道途中から左に入る未踏のお花畑経由の登山口には10時ちょっと前に到着です。
 登山口手前の駐車スペースは5台で満杯、登山口に1台、その先に1台、私たちはさらに先に駐車し9時59分に出発します。

登山道途中から太郎山

※参考
  国土地理院25000分の1地形図「男体山」

 変温動物のスズメバチは10度以下では動けなくなるらしく、ブルブル気温の今日は昆虫は飛んでいませんでした。ということでハチ防護服は次回に試着します。

 さすがに間が1週間以上空くと足に痛みが現れます。本当は次週に期待だったのですが、寒ければハチは飛ばない。高いお山、寒さが早く来る地域を選んでいざ出陣でしょうか。

次のページへ
トップページ
2008年の山

 往路を忠実にもどり、登山口には14時42分、駐車場所には14時43分に到着でした。8台あった車は土浦ナンバーとしぼれの車検の代車のみでした。着替えをしていると大勢の声がします。おそらく10数名の団体さんでしょう。

駐車場所(0:01)登山口(0:12)展望地?(1:47)ガレ場(0:10)お花畑南端(0:18)光徳分岐(0:02)山頂(0:02)分岐(0:11)お花畑南端(0:07)ガレ場(1:08)展望地?(0:11)登山口(0:01)駐車場所

 所要時間登り2時間40分(歩行時間2時間30分)下り1時間44分(歩行時間1時間40分)の山旅でした。

山頂にて

 12時57分に撤収、お花畑の手前でさきほどの10人以上の団体さんが大休憩でした。

 お花畑に出ると雲がとれて周囲がよく見渡せます。少しデジカメにデータを落とします。

 新薙の板のある斜面に出ると男体山方面は雲がとれつつあり、大真名子山は全体が見えています。

 このあたりからPさんは回復、ばてばてしぼれになります。数組とハイカープラスわんの下山者とすれ違いします。登り優先ですが先に降りてもらいます。12時05分にガレ場に入ります。少しの登りでお花畑へ到着ですが、風も冷たく案の定ミルクのカーテンがかかってきています。登りになると足が重くなります。シャリバテでしょうか、12時18分、先の石仏の場所でエネルギー補給します。

 登る途中で10名以上の団体さんとすれ違い、こちらは山王峠からの縦走でしょう。12時37分、ハガタテ光徳方面との分岐を通過、同39分にしぼれ3回目、Pさん2回目の山頂に到着でした。

 先にいた男女5名は竜ケ崎からの方々、朝5時発できたそうです。懐かしいなあ、しぼれは30年以上前に2年ほど住んでいました。ときおり、雲間が開けて視界が開けます。風が冷たかったので後から来てお先に下ることにしました。

↓小真名子山            ↓大真名子山               ↓男体山

 岩とロープが出てきました。かなりの傾斜でどんどん上に登ります。11時30分に正面の大岩を避けて右を巻きます。付近の岩の手前には紅葉が淡く始まっています。登り切ると木々が低くなり周囲が開けます。11時40分の地点でひょっとしたら見納めになるかもしれないパノラマをデジカメに落とします。

登山道途中から

 帰宅してから知ったことですが、今日の奥日光は初氷、登山口からブルブル、Pさんはフリース、しぼれはカッパの上衣をつけます。最初はPさんがへろへろ、登りはじめの13分で休憩、そこから見える太郎山はちょっとごつごつしています。
 樹林の中の登山道はよく踏まれており、目印も細かく付いています。針葉樹からダケカンバ、再び針葉樹の森の中を進みます。10時42分、左が開けて新薙ぎのガレ場が目に入ります。

 再び樹林の中へ戻り、木の根の目立つ登山道は途中から傾斜が付いてきます。11時18分、後に見える男体山の頂には雲がかかってきました。登山道の両脇にはツツジの赤が始まっています。

前のページへ