丹勢山(1398m)
丹勢山から点名「丹勢山」1482.2m峰


ゴールデンウイークは天気はよさそうです。
この時期どこにいっても人・ヒト・ひと、S&Pはいつも近間のお山へ
今日は群馬の椀名条山と天秤にかけて・・・。



手前に点名「丹勢山」
 2015年04月30日のお山めぐりは再訪の丹勢山から点名「丹勢山」を歩いてみることにしました。

 前回は沼の平からでしたが、今回は裏見の滝駐車場からピストンです。

 7時33分に駐車場から出発、杉植林地の中の登山道を登って行きます。林道に飛び出して左折、観音橋、裏見橋を渡って次の丁字路は直進です。

 登山道沿いにはヒトリシズカの集団がありますがアカヤシオは最後の2花のついた一本だけ、右にキックバックする地点で左が開けて大真名子山、女峰山が目に入ります。

     登山道へ       林道を左へ   大真名子山、女峰

   

 左が沼の平、右が丹勢山の分岐は10時12分の通過、右を選んで一度歩いている林道を登って行きます。花も展望もなくて飽きてきたころ、右上にピンク、アカヤシオと思ったらヤマザクラでした。

 最後のジグザグ登りから傾斜が緩んで左下に1310mのコブ、ここにはアカヤシオが咲いていました。帰りに寄ることにして前進、正面に男体山が見える広場に出ます。ここから右上に登って丹勢山です。

     ここは右へ      アカヤシオ 広場から男体山・三角点峰
   

 登るにつれてアカヤシオが現れますが、花が散り始めているものもあります。展望のある地点を通過し山頂には11時39分の到着、4枚の名板がお出迎えですが、奥のアカヤシオは散り始めていました。

 少し下って展望地でランチタイムにしました。35分の滞留で撤収して奥の三角点ピークに向かうことにしました。

     アカヤシオ        再訪の丹勢山
  

 広場から奥へ林道を辿り、途中から尾根を直登します。左に見えるアカヤシオは帰りに寄ることにして登りますが、3度ほど立ち止まって息を整えます。傾斜が緩んでくると背後に夕日岳方面、左に茶ノ木平の山が見えます。

 傾斜が緩んで正面左に日光男体山が見えるようになると左の中禅寺湖も視界に入ってきました。三角点のある山頂には13時05分の到着でした。いくらかダニさんも這い上がってくる笹原、展望をデジカメに収めてすぐに撤収で往路を戻ります。

   山頂手前で男体山    三角点      山頂の一角で
   

 帰る途中で件の1310mのコブのアカヤシオに寄ります。おあとは往路を戻るだけ、陽が傾いて日影となる林道は長く感じます。駐車場所には15時40分の到着でした。

 駐車場(1:39)沼の平分岐(1:12)広場(0:13)丹勢山(0:10)広場(0:40)点名「丹勢山」(0:22)広場(1:00)沼の平分岐(1:06)駐車場


 所要時間は7時間07分(歩行6時間22分)、展望とアカヤシオ探勝のピークハントでした。


 参考 国土地理院電子地図「日光北部」


      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」
  この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 今年は桜も1週間早かった。ひょっとしてアカヤシオも早いかと行ってみることにしました。山頂1398mでは散り始めたものもあり正解でした。点名「丹勢山」のほうは往路の尾根に一本だけでした。


   前のページへ       2015年の山      次のページへ

            ようこそしろうと山ヤトップページ