タケヤマほか
前山(369m)孝之山(金毘羅山342m)
大山(403.8m)タケヤマ(414m)


去年把握の大室矢野口境の342mピーク金毘羅山
孝之山の名板があるとのことで行ってみることにしました。

タケヤマと大山
 2016年01月05日のお山めぐりは前山から孝之山(金毘羅山)大山そしてタケヤマです。

 大室ダム駐車場から10時15分に出発、ダム湖北側を東進してまずは再訪の前山です。

 駐車場で情報収集、最初の男性は×、次の男性からタケヤマの名前を把握しましたがどう書くかはわからないそうです。

 左に冒頭画像のタケヤマと大山を見ながらダム沿いに東進して、前山南面についた遊歩道を登って行きます。遊歩道最高点の右から斜面を登り、植林地の中へ名板3枚のある再訪の前山には10時29分の到着です。

   
駐車場から前山    山頂の名板 大室ダム湖と鶏鳴山方面
   

 前回同様北に薄い踏み跡を下り、途中から右下に見える道形へ出て左下へ、直進は薮化しているので左の明瞭な踏み跡を選択ですがこ
ちらは私有地で×、元に戻って直進で下ると幹線道路の丁字路に飛び出しました。

 東進して信号のある十字路を越えて地形図実線路と思しき道は見当たらず、左の白いガードの切れた地点で左を見れば水神の石碑、水路を越えて右から庚申塔数基の前を通って一段高い農地の縁に出ます。 左へ進んで農地の畔道を右折、これが実線路の位置です。

 杉の植林地の中は道形はほとんどなし、11時12分に登りついた山頂にはななころびさんのレポどおり、天保・元治の2基の石祠、傍らの木にSHCカワスミ氏の「孝之山」の名板が待っていました。

     
孝之山へ      これが実線路    山頂の名板
   

 北に下りかけて左下に見える道形を下り、舗装路へ出て右折、蛇木八坂神社経由で北上、大山に向かって左折した地点でエネルギー補給の13分休憩です。

 再スタートで大山ですが、11年前の記憶がなくなったS&Pはお不動様入口から取り付きます。高みを目指して行くと測量用のテープか?登りから左に方向を変えて誘います。

 急斜面手前で右上に方向を変えて登って行く踏み跡を追うと赤テープも出てきました。登り切って再訪の大山には12時29分の到着でした。

   
寛政のお不動様   急斜面の登り     大山の名板
   

 証拠データを撮って西進、鞍部から登り返したピークを通過すると藪が少し煩わしくなり、突然木の上にハウスが現れました。尾根直進は薮が辛そうで左にジグザグに下り、頃合いを見て右に薮化した作業道を辿ります。

 西進する尾根に復帰して緩く登り返したピークには石祠一基、SHCカワスミ氏の名板が待っていました。ここでPさんと協議、明日があるので北に下って名野山経由はパスすることにしました。

   
下りは煩い場所も   タケヤマの登り  414mPの名板
   

 帰路は西進して未舗装別荘地道路、左に下る薮化した道を嫌って右上へ登り返し、尾根左に現れた道形を下って舗装路へ飛び出しました。
 
 右に下って少しの登り返しで十字路を通過、駐車場には13時34分の到着でした。

        GPS軌跡図(カシミール3D使用)

 

 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

  前のページへ     2016年の山     次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ