茨城のお山探訪の旅
    高取山・井殿山・津室山

 八溝山を登ろうと計画していたが、起床して東北を眺めると雪雲がたなびいていた。前日の天気予報でも栃木県北は雪模様、やはり茨城の中部のお山へとなる。


高取山(355.9m)編

山頂からの展望

一つ目の小ピークから津室山

津室山から井殿山

支尾根から広場

支尾根から最初のピーク

尾根上から高取山

南からの登山口の林道

八瓶山方面

山頂奥から高取山方面

三角点のある津室山

倒木のある尾根道

井殿山の山頂にて

朽ちかけた小屋

アオキの茂る峠へ

三角点

東の展望

尾根上から南のパノラマ

三昧洞窟

奥の院

標柱

 2005年12月23日のお山めぐりは旧七会村の高取山である。

 地形図を眺めると仏国寺から破線が東に向かっており、その南に三角点がある。藪漕ぎ覚悟で出かけることにした。

 仏国寺の駐車場には先客が1台、相模ナンバーのセダンが止まっていた。私たちは10時06分に出発、東に向う舗装路を歩く。
 舗装路が左上に曲がる地点に奥の院への標柱が立っており、踏み跡が東へ進んでいる。

 10時14分、岩に囲まれ石仏が点在する奥の院を通過した。
 土が露出した明瞭な踏み跡が右奥に進んでいた。道は左下の広場に向っていたが、南の高みに向って直登する。
 踏み跡の先は広場になっており、反対側から林道が入っていた。

 黒木の植林地から雑木帯になると、茨、山椒などの棘のある矮小木の藪になった。
 10時40分に最初のピークに到達した。小高いピークが左に見える。右の黒木のピークの先には送電線鉄塔があり、左に向うと鞍部近くの岩の上から見事な南のパノラマが広がる。

 尾根は倒木、火事で焼けたのだろうか黒く焦げた木肌が目に付く。実生の松の小木、倒木、雑木、萱を分けて進む。二つ目の小ピークから獣道模様の踏み跡が薄くついてきているのがわかる。
 11時16分再び南があけて眺望が広がる。以前登った八瓶山の特徴ある山容が浮かぶ。何年前だろうかと思い出しながらパノラマに見入る。

 11時24分、初めて尾根に青テープが現れた。左下から登ってきている。これが正解の登山路だろう。
 

 青テープから5分、11時29分に山頂に到着した。
 一角から一番右が住谷山だろうか3つの山が目に入った。

 11時45分に山頂を撤収、真北に進む踏み跡を辿り、林道に出て左に向かい、先の支尾根から見た広場から仏国寺経由で12時26分に駐車場所に到着した。

 登り1時間18分、下り41分の藪入りのピークハントだった。最短距離の登路は広場の南に青テープがあり、南東に桧の植林地を進むのが正解だったようです。


井殿山(315m)・津室山(320.9)編

 仏国寺から約2kで南からの登山口となる井殿山への林道に向かう。

 高取山から見えなかった井殿山と津室山は、やはり木の間からしか見えなかった。

 2005年12月23日午後のお山めぐりは二つのお山である。地形図から南からも破線が入っており、こちらから登ることにしたものである。

 南の破線路はたぶんこの林道と無理やりこじつけて、案内板を鵜呑みにして、12時46分に歩き始める。
 杉の植林地から雑木帯になり明るくなるが、雪雲の一部だろうか太陽を隠してしまったので少し寒くなってきた。林道は途中から急に左に曲がる。
 13時02分、林道終点へ、踏み跡が右奥に進んでいた。4分で峠へ、どちらを先にしようか迷うが井殿山へ向う。
 右の朽ちかけた小屋へ、周りを探すが山頂をあらわすものがない。

 13時15分、左奥の高みに向うと、井殿山の標識が目に入った。

 西に向うと木の間越しにに展望が広がる。高原山の山すそが見えるが上半分は雪雲の中である。

 風も冷たいので13時19分に撤収し、津室山に向う。途中で尾根を直進し、引き返したので5分ほどロスか。
 峠は13時29分に通過、東南に向う。黄色のテープが誘うが、左に下降し右に進む尾根の様子がつかめず直進しては戻る。ここでも数分のロス。



 左に尾根を下り、すぐに右に急下降して鞍部へ、少し登り返して正面に津室山のシルエットが浮かんでいる。
 13時58分に三角点のある山頂へ、少し東南に寄ったところから先ほど登った高取山の山なみが目に入った。阿武隈奥久慈八溝の山87では360度の展望とあるが、雑木が伸びて展望はあまり望めない。

 地形図を広げて尾根を確かめながら破線路を推理してみる。二つの小ピークの手前から左の杉林に地形図の破線が上ってきていたのではなかろうかという結論へ、しかし往路は先ほどの峠経由でもどることにした。

 14時10分に山頂を撤収し、帰途に着く。峠からアオキのトンネルをくぐり、林道の大曲りのところで杉林を見る。ここが地形図の破線路だろうか。
 14時50分に駐車場所に到着した。

 所要時間は休憩抜きで1時間50分、ロスを考えれば1時間40分ということだろうか。

トップページへ
2005年のお山
このページのトップへ