勝賀岩(160m級)

曇天の予報から一転してお空は晴天
予定変更で15年前トライして失敗のお山へ・・・。



勝賀岩の山頂

 2016年02月05日のお山めぐりは福島県いわき市の勝賀岩です。

 15年前は南から実線路を辿り、直接三角点峰の赤松山へ登っていました。今回は東から歩くことにしました。

 常磐高速下をくぐって約500m、左側にある駐車スペースに車を停めて出発です。南下して西に向かう道路は沢で渡れず(軽貨物は渡ってました。長靴ならOKかも)、沢の左岸を右に北上です。ほんの少しで川床が浅くなって笹が繁茂する反対側へ渡ります。

   
駐車場から南下      沢はここから
  

 笹を分け小さな沢を渡って。すぐに作業道に飛び出しました。待っていたのは軽貨物と男性1名、イノシシの箱罠を点検しているところでした。

 小沢右岸を進む作業道は一部崩壊地点があるものの明瞭で、ちょこちょこ赤テープが誘います。途中で作業道の真ん中がけもののヌタ場となっている地点を通過、泥が延々と作業道の落ち葉を染めていました。

    
作業道崩壊地      ヌタ場      2つ目の倒木帯
   

 倒木帯が2カ所、小藪が両側から塞いできます。細尾根から急登になって傾斜が緩んでくると尾根と道形は左に曲がり、南東が開けて新舞子浜方面が目に飛び込んできました。

 小藪を分けると狂い咲きのツツジが一本、その先があけて岩原が現れました。ここが勝賀岩(しょうがいわ)でした。さてさて展望地があるはずです。

   
小藪がうるさいが    狂い咲き      勝賀岩山頂へ
   

 さらに南に進んでみました。再び同様な岩原、左に太平洋が光っており、右に三角点峰が浮かんでいました。ザックを下ろして休憩タイムにしました。

   
太平洋をバックに      西に三角点峰
  

 このまま南に下って行こうか迷いましたが、狛犬さんほか予定が迫っているので往路を戻ることにしました。

 駐車場所(0:51)山頂(0:02)展望地(0:03)山頂(0:31)駐車場所

 所要時間は1時間58分(歩行1時間27分)、展望・小藪のピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「四倉」
     いわき花めぐり 山と渓谷15コース(1999.9発行)
     「福島の山々」さんの「勝賀岩」

       GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 

 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 
参考の書籍から、勝賀岩の花の適期は4月中旬でトウゴクミツバツツジの名所とあります。掲載されている15コースも残り4つ、ゆっくりマイペースで回りましょう。

  前のページへ      2016年の山     次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ