須巻富士(710m)

茨城のお山の予定だったのだが起床遅れ
今日も午前中勝負ですね。

小太郎ヶ淵手前から
 2015年08月15日のお山めぐりは那須塩原市(旧塩原町)の地形図無名峰の「須巻富士」です。

 数年前に探索漏れした石像のお犬様目当てに小太郎ヶ淵から背後の小ピークを歩いてみることにしました。沢沿いですからイワタバコもです。

 前回のおカネさん石碑前に駐車し、10時11分に出発します。すぐの丁字路から右上へ、舗装路のジグザグ登りで標高660m付近から右に下る砂利道を下って行きます。

 2度目の小太郎ヶ淵の手前左に前回見逃したお犬様1対を見ます。反対側の狛犬一体をデジカメの納めて撤収、沢の右岸(左)の車道へ復帰です。

   
小太郎ヶ淵は右へ    お犬様        小太郎ヶ淵
   

 橋を渡って沢の右を登る道はすぐに二岐、案内板は右上を指していました。若い男性一名が後ろからすり抜けて行きました。杉林の中の道は左にキックバックで登り返すのが本道、ですが直進の明瞭な踏み跡を辿って行くと須巻富士直下の鞍部に出ました。

 十字路を形成している鞍部の左上は三角点、直進は県営駐車場、私たちの目的は右上です。左に巻く登山道は途中から右左とジグザグ登り、再訪の不動様の立つ須巻富士には11時09分の到着でした。

     
反対側から     不動様の立つ山頂
  


 帰路は反対(北)側に下って行きます。出発時に塩の湯方面に向かった男性とスライドしますがどんなコースをとったのでしょう?舗装路に出て右へ下り、幹線道路へ出ます。右折して橋の手前で右に小太郎ヶ淵へ向かうことにしました。

 やっぱり沢沿いは涼しいものです。左下の2段の滝は兄弟滝でしようか、先に進んで沢を横断する橋を渡って登山道は右岸へ変わり、登り返して小太郎ヶ淵手前の分岐に出ます。もはや見るものはないので左へ登り返しです。先にはカウベルを鳴らしている3人の山ガールが登って行きます。

 他県ナンバーの車が前後から数台、舗装路分岐の上部に3台、帰路の左下の方の路肩にも1台停まっており、軽装の4人の男女とスライドしました。駐車場所には12時13分の到着でした。


 駐車場所(0:20)小太郎ヶ淵(0:30)須巻富士(0:19)国道(0:13)小太郎ヶ淵手前の分岐(0:20)駐車場所

 所要時間は2時間02分(歩行1時間42分)、真夏には涼しい小さなピークハントでした。

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 
軌跡は小太郎ヶ淵まで谷部で乱れています。
  「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号平27情複、第236号)」


 
今日の目的は見逃した狛犬とイワタバコでした。どちらも完食で須巻富士へ、こちらの展望図が目標でしたが古いものはなくなっていました。でも帰路で金属製のものをゲット。新しい山名「吐月峰」ってどのピークでしょう。反対側の1213m標点ピークかなあ。

  前のページへ       2015年の山      次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ