白根隠山(2410m)

 栃木の天気も土日は快晴との予報、日曜日にお山めぐりの予定が急遽繰り上がって土曜日起床ができるかどうかで判断することにしました。2日続きの快晴の予報ですが雨上がりのほうが展望はよいのが普通です。

白桧岳との鞍部から白根隠山

 2007年8月25日のしばらくぶりの栃木のお山めぐりは未踏の白根隠山です。

 展望の尾根歩きが目標で、去年から天気予報とにらめっこ、できるだけ晴れの日にと思っていました。
 
 3時30分に宇都宮を出発、旧今市市あたりではフロントガラスに雨滴が少々、ちょっと不安でしたが、いろは坂を登るころはお空が明るくなっていました。

 菅沼の駐車場から5時27分に出発、前回の錫ヶ岳は5時07分に出発ですので白桧岳までどんな時間になるか興味深々です。
 途中で3組の団体さんに道を譲られましたが、パートナーが絶不調で弥陀ヶ池は7時16分に通過します。
 正面の白根山が大きく青空をバックに浮かんでいます。天気予報は当たりでした。

弥陀ヶ池から白根山

 私たちの前に10名以上がおりますが、五色沼方面に向かったのは私たちのみです。

 少し登って五色山登山道を通過、帰りに苦労する斜面を下ります。
 五色沼から避難小屋へ向かい、パートナーの体調確認と少しのエネルギー補給です。小屋の手前から左上に向かう登山道を登ります。

 16分で白錫尾根へでます。左上に若い男性がデジカメ撮影をしていました。会釈して入れ替わりに私たちが少し登るとオオハンゴンソウの黄色の花、東に表日光を代表する男体山ほかと中禅寺湖のパノラマが目に飛び込んできます。

稜線から男体山と中禅寺湖

 白根隠山ではどんな景色でしょうか、先を急ぐことにします。
 先ほど若い男性が白根隠方面へ向かっていましたのであとを追います。

 道は登りになり、またもハンゴンソウの黄色の花の群落があり、左奥に建物が目に入ります。正面には若い男性がひとりたたずんでいます。

 13分で石積みのある小ピークです。先に二つの小高いピーク、2385m峰と白根隠山です。ここからの眺めも1点360度です。ことに白根山が圧巻でした。

ハンゴンソウと小屋

 私たちの傍に男性が戻ってきました。「先ほどの分岐が避難小屋へのものでしょうか。」「そうです。白根山ですか。」「白根山です。晴れとわかると登らずにはいられなかったので来ました。」 

 湯元から来たという男性は戻って行き、私たちは先に進みます。

白根隠山方面

五色山

白根山

 次も同様に360度の2385m峰、デジカメにデータを落として通過します。尾根はいったん下って登り返します。今日の目標の白根隠山に避難小屋分岐から44分で到着です。
 やはりここも360度の世界が待っていました。

表日光連山と中禅寺湖

皇海山、錫ヶ岳、白桧岳方面

皇海山、錫ヶ岳、白桧岳白根山・五色山・前白根方面

 パノラマ写真も限界があるのかどうか、少し不自然な部分があります。360度を3等分くらいにしましたが、4等分くらいがよろしいようです。
 14分ほど滞留し、再訪の白桧岳へ向かいます。前回、くぼ地から白桧岳の北尾根を登り錫ヶ岳をピストンしましたが、白根隠山のこのコースに不安を持ったからです。

 石に黄色のテープが巻かれている道標、明瞭な踏み跡、道はいったん下り、白根隠直下の角のような部分をみて手前からガレ場の斜面を左に巻きます。ほどなく鞍部へ出て今度は尾根を右に巻くように進みます。
 岩と岩の間を抜けて振り返ると白根山から白根隠山の違った角度のパノラマが広がります。 

↓日光白根山                ↓五色山           ↓白根隠山

 今度は尾根の左側に出て、くるぶしを越えるくらいの笹の原を進みます。左の展望が開けて前方に白桧岳が見えます。
 白根隠山から26分で再訪の白桧岳でした。

 近く山頂で大休憩、帰路は前回(2005年錫ヶ岳)のコースと同じく白根山に向けて道のない県境尾根を下ることにしました。菅沼駐車場には13時28分の到着でした。

 菅沼駐車場(1:49)弥陀ヶ池(0:35)五色沼避難小屋(0:16)白錫尾根へ(0:44)白根隠山(0:26)白桧岳(1:00)五色沼避難小屋(0:46)弥陀ヶ池(1:16)菅沼駐車場
                   計6時間52分の展望の山歩きでした。

 参考 地形図25000分の1「男体山」

 錫ヶ岳へは展望を選ぶなら迷うことなく尾根歩きでしょう。白桧岳は白錫尾根でも県境尾根でも時間的に大差はないものと思われました。くぼ地を選んだ場合はいったん下ってから2度の登りが結構応えます。管理人は高所恐怖症気味ですので、白根隠からの下りに一発勝負では自信がなくて県境尾根を選択したものでした。
前のページへ
2007年の山
トップページ
次のページへ