河津城山(180.9m)・片瀬山(166.3m)
下田富士(191m)

 2010年02月24日午後のお山めぐりは下田市の下田富士です。

 当初予定の矢筈山は登り3時間近くかかりそうで、Pさんの時間を超過で今回はパス、いずれこの近くのマイナー富士3座と一緒に登ろうと思っていた下田富士でしたが、河津から近いので歩いてみることにしたものです。

 富士の一座のこのお山は、いつも近くに来るのですが、なぜか数年が経過していました。

今井浜駅裏駐車場(0:40)河津城山(0:18)鞍部(0:10)片瀬山(0:05)鞍部(0:12)河津駅裏(0:08)かじ屋の桜(0:12)原木桜(0:12)車の桜(1:04)今井浜駅裏駐車場

 所要時間は3時間41分(歩行3時間01分)、展望、桜満開のお花見山旅でした。


                    GPS図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。



参考 国土地理院25000分の1地形図「下田」

    道の駅で登り口と駐車場を教えてもらいました。登山口近くは有料Pがある
   そうです。

                 GPS図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


     前のページへ      2010年の山      次のページへ

               しろうと山ヤの部屋トップページへ

 2010年02月24日のお山めぐりは静岡県河津町の河津城山から片瀬山、そして河津桜のお花見です。

 8時03分に駅一つ手前の今井浜駅裏の無料駐車場から出発します。

 線路をくぐって駅を覘くと無人駅に乗客が4名、下って道路沿いに咲く河津桜を見ながら国道へ出ます。

 道の駅で昼食後の13時09分に出発、登山口には13時22分に到着です。石碑の下田富士、左右の狛犬を見て鳥居をくぐり、参道の石段を登ります。

 お社2つの後ろは石祠、この上は石段ではなく岩混じりの急登です。左側に鉄線、金網が連続して現れ、小さなお社を過ぎて上から年配女性が下ってきました。今日出会った最初で最後の登山者でした。
 
 一枚岩のような斜面の左が開けて180度の展望が広がります。残念ながら今日も春霞、海はボケています。

 13時48分に鳥居とお社が現れて、奥があるのかと後ろを覘きますが下り斜面になっていました。GPSで確認、191m評点まで届いていますので、地形図の表示(神社)が少し南になっているようです。

山頂のお社にて

 13時53分に撤収、帰路は往路を戻り、下田富士の石碑は14時09分に通過、あとは国道沿いを歩いて帰るだけです。14時21分に道の駅へ、中へ入って案内の女性にごあいさつ、確定申告会場の前を通って駐車場へ向かいます。

 道の駅(0:12)登山口(0:26)山頂(0:16)登山口(0:13)道の駅

 所要時間は1時間14分(歩行1時間08分)、富士の一座のピークハントでした。

下田富士石碑

下田富士 編

 直下に広場にはなぜか相撲の土俵、河津桜が満開(画像はここをクリック)でした。広場にはベンチもあり、パノラマ、桜を堪能、眼下に見える川沿いの桜並木を見て、しばし大休憩です。

桜の下の桜並木

 9時22分に山頂を撤収、南東に登山道を下ります。竹林がいったん切れて休憩小屋前から片瀬山が目に入りました。デジカメにデータを入れて下り、9時30分に丁字路分岐に出ます。左上は今井浜、片瀬山、右下は河津方面ですが鞍部まで行ってみることにしました。

 9時33分に鞍部に出て右上に登る登山道は通行止めで閉鎖されていましたが、右側に強い踏み跡が入っています。ここはピークまで自己責任で行ってみることにしました。

 登山道は手入れがなく伏木の階段は荒れています。9時44分に着いた片瀬山166.3mの山頂は樹木に囲まれて木の間の一部からほんの少し南西方面が開けているだけです。

片瀬山にて

桜と片瀬山


 去年の早咲き「土肥桜」に続いて、今年は「河津桜」のお花見山行きですが、諸事情で満開のネット情報の後になってしまいました。

市内から下田富士


河津城山から片瀬山 編

南の展望

 河津町観光協会の河津城山ハイキングマップ片手に右手の旅館の先から舗装路を右に登ります。登る途中で右の水道施設を見逃し直進、踏み跡が上がっていることもあり孟宗竹の林の尾根を登ります。(完璧北口を見逃しです。)

 途中で廃屋と残置ケーブル施設を見て枯れて倒れた竹を避けてじぐざぐに登り、右手に水道給水施設?を見て約3分の登りで、8時43分に河津城山に裏口入学でした。

城山の山頂にて

竹を避けて

廃屋

 9時48分に撤収、往路を戻り5分で鞍部へ、左に進んで分岐から西に下ります。民家横にはアセビ野花が満開、頭上には同様に河津桜が満開でした。

 駅裏は10時05分通過、右に曲がって「かじ屋のさくら」「原木桜」「車の桜」をお花見です。帰路は川沿いの桜並木を左に下ります。駅に近くなるにつれて観光客で混雑してきました。途中から川沿いから離れて街中を海岸近くの国道へ出ます。

 左に進んでトンネル手前を右に巻いて今井浜海岸に出て駐車場所には11時44分の到着でした。

南から河津城山