鴫内山(1413.8m)

            某そば店裏から鴫内山

 2005年3月20日のお山めぐりは、黒磯の鴫内山である。

 笹が立つと登りにくい山ということで残雪のあるときに登ろうと考えていた。
 今日の天気は何とか持ちそうということで巻川林道から送電線鉄塔敷を目指す。

 9時13分に出発、送電線をくぐり雪が出てきたのでスノーシューに履き替える。
 目標の送電線鉄塔へは金網が遮り、やむを得ず別尾根を直登する。
 尾根筋には9時59分、左から右上に踏み跡が見られたが手入れされてないのかツツジなどの藪があり小枝が顔を打つ。

 854m評点の鉄塔       稜線の大岩            1100m地点から鴫内山         稜線

 10時40分、稜線に大岩のある地点を通過、10時58分、高原状の1100m地点に飛び出した。正面にはこれから登る鴫内山が、背後には那須山塊が浮かぶ。ゆるい登りで背の低い雑木の間を進む。赤テープが時折目に入るが、黒木の植林地になると見失った。ここから自分のテープを目印につけて直登すると雑木の尾根に出た。
 11時41分、ブリキの山名板がある鴫内山に到着した。

    山頂の標識            山頂から西に少し降りた地点からのパノラマ 奥に高原山、手前右に小佐飛山の稜線

 雑木に囲まれた山頂は木の間越しの景色になるが、西に少し下りた地点はこの時期だけの特権だろうが高原山、小さく日光連山が浮かび、手前には小佐飛山の稜線が横たわる。緩やかな稜線はスノーシューでもOKのようだ。
 12時15分に撤収にかかる。黒木の斜面には12時26分に突入、雑木帯に入り視界が開けると奥那須から白笹山をはじめとする表那須の山々が浮かぶ。急いでデジカメと自分の目にパノラマを収める。

                                   那須のパノラマ

 往路を忠実に戻り駐車場所には13時58分に到着、登り2時間28分、下り1時間33分の残雪の印象に残る山旅であった。

 帰りは某そば店で今日登った鴫内山を見ながらのお食事は達成感もひとしおであった。。

2005年のお山
トップページ