戦場ヶ原

Pさんのリハビリと今年最後の花探索、カリガネソウを探しに奥日光へ
お手軽井戸湿原にしようか迷ったのですが・・・。

 
戦場ヶ原と湖上山
 
 2014年08月29日のお山めぐりは高曇りが期待できそうな奥日光戦場ヶ原です。

 駐車予定の赤沼茶屋へ行く途中でとりあえずネット情報のひとつをゲット、同茶屋から10時36分に出発です。天気予報は曇りですが男体山も三岳も視界にあります。残念ながら湖上山の山頂から上は雲で隠れていました。

 国道を渡って遊歩道を進んで10分、案内板にしたがって右へ湯川沿いに入って行きます。立派な木道というか渡り廊下のような広いものが設置されています。
 
 ホタルブクロなどをスケッチをしている人、お花をさがしている女性のグループ、 泉門池方面からも続々と軽装の男女が下ってきます。ウメバチソウ、今年初のアケボノソウ、蝶が群がっているアキノキリンソウを遊歩道近くで見ることができました。青木橋を渡ったところの左のベンチでエネルギー補給の19分休憩です。

 その先の登山道沿いで黄色の花を見ていたグループからクサレダマの言葉を聞きます。聞いたことのある名前の花ですが見るのは初めてでした。それにしても「腐れ・玉」とはかわいそうな名前と思っていましたが、帰ってからネットで確認、「クサ(草)・レダマ(連玉)」なんですね。

    
  三岳・太郎山           蝶がいっぱい        クサレダマ
   

 奥に進んで右下に泉門池を見て湯滝方面へ、ここから登山道は若干ワイルドになります。スライドする人も数人と少なくなり、釣り人1人を見ただけでした。30年ぶりの湯滝を見上げて右の駐車場へ、たしか「湯滝駐車場付近」にもあれがあるはずなのですが見当たりません。おあとは舗装路沿いの花を見ながら帰ることにしました。光徳入口を過ぎて右側を歩いていると紫色のクサフジだろうか、けっこう目につきます。

 13時35分に赤沼駐車場に到着、休憩込み約3時間のハイキングでした。昨日の農作業の後遺症が鮮明になってきたお尻の筋肉からふくらはぎをなだめて、もう一度カリガネソウ自生地を訪問です。


 参考 東武鉄道さんのtobu.co.jp「電車でハイキング」から「戦場ヶ原ハイキングマップ」


 
今日のお目当てはこれでした。なんと白も3株ありました。いずれ湯滝近辺も探してみましょう。

     
カリガネソウ          白花のカリガネソウ
  


  8月22日へ         2014年の山        9月02日へ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ