茨城のお山めぐり
 里美富士・大室山(427m)

 今日は栃木のやや長い時間の尾根歩きをする予定でした。ところが起床時間が遅れ、出発時間は6時過ぎで長丁場は無理、茨城の小さなお山へ向かうことにしました。

里美富士山頂の409評点

登山道

石祠前にて


笠石・大滝分岐

里美富士編

大室山にて

里美富士尾根コース案内板

 2007年12月15日のお山めぐりは常陸太田市(旧里美村)の里美富士です。

 里美富士は地形図に記載のないお山で、ネットでしかお目にかかれませんが、いわゆるふるさと富士の一座です。

大室山編

斜面のジグザグ道

薄葉沢の滝

↓大室山

南からの山なみ

南から中央左が里美富士

 6時を過ぎて宇都宮を出発、美和道の駅から頃藤へ抜けて袋田の滝を通過、猪鼻峠を抜けて小中宿へ下ります。東に入る工事中の道路を進むと小さな舗装の十字路には薄葉沢の案内板があります。直進すると舗装路は行き止まりで四駆の前に同年配の男性二人がいます。
 左に進む砂利道が薄葉沢の滝経由、手前右が尾根コース、もう一本が南の方にあり、一人は南のコース(たぶん生田(おいた)の滝コース)に向かうそうです。
 そうこうしているうちにまた一台四駆が登ってきました。こちらは数名の団体さんでもう一人の方と同一のグループでした。

 80歳の男性を頂点とする団体さんは薄葉沢の滝コースへ、私たちは9時16分に尾根コースに向かいます。

 田んぼの縁から杉林の中へ明瞭な道が入っています。左上に分かれる支線には木の枝で通せんぼ、そしていくつかの「里楽ぜーションの会」の案内板が誘います。

 登りはじめて15分で倒木が何本か前をふさぎます。さらに5分で林層が変わり松混じりの雑木になり明るくなります。
再び大きな倒木を越えて9時52分に共同アンテナ設置場所を通過します。急登を登りきって9時59分に石祠2基と「里美富士山頂(祠)」の案内板の立つピークに到着です。

 道は奥に続いています。赤ペンキが点々と誘っています。10時21分にコンクリートに固められた標石のある里美富士に到着です。地形図では実数の409m評点、三角点のようですが確認するのを忘れました。(409m標点ではなかったようです。2014.01.05修正)

 山頂は笹原で展望はありません。案内板には小さく↓で「前峰」と書かれています。記念のデータを撮って奥に向かうと3分で薄葉沢への分岐ですが、その下に右は中峰・奥峰の表示があります。
 もう一座の予定もありますが、時間もありますので奥に向かってみることにします。

 

 いくつかの小さなピークを越えて鞍部に下ると、10時47分に左は笠石、右は大滝の分岐点です。はてさて中峰、奥峰はさっきの小さなピークだったのでしょうか。S&Pは分岐の奥の高みに登ってみましたが、尾根筋に一升瓶が転がっているほかは何もないピークでした。
 笠石・大滝分岐から先ほどの薄葉沢分岐へ戻る途中で出発時のメンバーと再会です。最長老の80歳の男性から「里美の休日Vol.1「里川紀行□滝めぐり」をいただきました。

 薄葉沢分岐から尾根を下り、急傾斜になると道はジグザグになります。分岐から22分で薄葉沢の滝です。しぶきに小さな七色の光が目に入ります。

 杉林の道を下り、二つの滝に向かう沢沿いの道との分岐から12時09分に駐車場所に到着でした。

 駐車場所(0:36)アンテナ施設(0:07)石祠のピーク(0:16)里美富士(0:03)
薄葉沢分岐(0:20)笠石分岐(0.07)奥の小ピーク(0.06)笠石分岐(0.24)薄葉沢
分岐(0.22)薄葉沢の滝(0.13)駐車場所

                   計2時間37分、ふるさと富士周遊のピークハントでした。 


 2007年12月15日のお山めぐりは日立市の大室山です。

 旧里美村から南下、トンネル手前を入四軒町へ左折、公民館手前の橋を右に渡り林道を入ります。
 ナビを見ながら林道が左右に分かれる西からの尾根付近に駐車し、杉林の暗い中を直登です。

 暗い杉の林には下草はなく、黙々と登ります。右に白い杭が続いています。15分で到着の山頂にはSHCカワスミ氏の山名表示板、茨を分けた赤テープの下には図根三角点があります。
 その北側には傾きかけた石祠が一基、北があいていますが、参道らしきものはありません。北へ赤テープを追っていきますが踏み跡もなく、左(西)に方向修正して下り、8分で林道に出て左に戻り、駐車場所へ到着でした。

 駐車場所から林道を東に進むと北東尾根のところに白い案内板があり、大室山の表示があります。

 入四軒町から高鈴山ハイキングコースに入る舗装道から、大室山の東に入る林道を使う場合にはこの案内板がいい目印になりましょう。

 駐車場所(0:15)大室山(0:10)駐車場所
                             計25分のピークハントでした。

 茨城県の富士山は石岡市の富士山、北茨城市の富士山の2座が残っています。そのうちに訪問する予定です。

 参考 25000分の1地形図 大中宿
     50000分の1地形図 日立

前のページへ
2007年の山
トップページ
次のページへ