香川県のお山めぐり

天神山・紫雲出山・讃岐富士・御山

 本命は西赤石山ですが、強風と土曜日・しかもアケボノツツジ満開近しでパスすることにしました。さて裏予定は香川でいちばん低い地形図記載のお山ほか2座です。
 
天神山(28.9m) 編
 2011年05月14日のお山めぐりは香川県でいちばん低い地形図記載の天神山です。

 三豊市仁尾の仁尾港に向かい、海沿いの路肩に駐車し出発です。少し戻った鳥居のそばには天神山城址の案内板、鳥居をくぐって参道を登って行くとすぐに二又に分かれますが左が本道、右は下山道のようです。

 
 参道は右上に石段を登るようになりますが、右側に説明板があります。足元の石は「踏まずの石」といい、注連縄の文様があるそうです。

 すぐ上が磯菜天満宮、山頂は左に進んで右上に登った地点でアズマヤがあります。展望は海の駅方向でしょうか。

        ↓斜めに注連縄文様                   展望                      山頂にて           

 帰路は左奥に下って行くと右に回り込んで二又の分岐、少しお社方面に戻って石垣の遺構を見て撤収です。

 所要時間は20分、香川一低いお山のピークハントでした。

 
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号) この
地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

 
 
紫雲出山(352.0m) 編
 2011年05月14日のお山めぐりぱーと2は紫雲出山(しうでやま)です。

 天神山の駐車場所の近くにあった観光案内板から予定外ですが車を向けてみました。

 標高300m辺りに車道終点の駐車場があり、左に山頂へ舗装路が入っており、右は展望台で帰りに寄ることにして出発です。

 道は緩やかにジグザグ登りで右に曲がって広い山頂の一端へ、左に緩く曲がって手前右に営業店舗、左に入って展望台でした。

 ここからの展望は今日一でしょう。海無し県のS&Pはしばし青い海に浮かぶ島々を眺めていました。

      展望台から岬の突端              島々の展望

 帰路は往路を戻るだけ、駐車場から反対側の展望台へ登ってみました。こちらがわの展望も◎でした。

 登り12分、下り08分、計20分の展望の山旅でした。



 駐車場にあった案内板です。桜の時期から新緑の時期にぐるりとゆっくり歩くのもいいかもしれませんね。

 
讃岐富士(421.9m) 編

 十数年前、山歩きらしきものを始めて間もないころに近くを通り、気になっていたシルエットのお山でした。

       南西から讃岐富士
 2011年05月14日午後のお山めぐりは飯野山こと讃岐富士です。

 帰りに寄る予定の飯神社に近い飯山町からの登山口にある駐車場に車を止めて出発です。(奥には木陰の路肩、更に奥にかなりの数が停まれる駐車場があるようです。)

 広場に上がり左上に向かう男性、右上から下ってくるハイカーを見て左の石段を登ります。すぐに○○跡の案内板のある広場、右上に登ると右下からの幅広登山道に合流し左上に向かうことになります。

 数人が休んでいる分岐から右上へ、5合目、6合目、7合目と右に展望が広がります。続いて東からの登山道と合流点を通過、すぐに左上は210mコース、直進は410mコースですが、左上を選択です。

 ○時○分、4名ほどが休んでいる讃岐富士山頂に到着です。

             5合目                       6合目                        7合目
 山頂で大休憩、少ししてから南に下って展望台へ、ここからも◎でした。

         三角点にて                    展望台から

 帰路は410mコースを下ることにしました。再度、展望を確かめて下りです。

 所要時間は登り54分、39分、計1時間33分、展望の山旅でした。


               GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号) この
地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


御山(3.6m) 編
 2011年05月14日のお山めぐりラストは東かがわ市にある日本一低いという御山です。

 四国行脚の直前にネットを手繰っていてヒット、平成18年8に名乗りを上げたお山ですが地形図には記載されていません。

 場所は東かがわ市松原、白鳥の松原の中ですぐそばの白鳥神社にナビを合わせてGO!狛犬さんもいるぞー。

 白鳥神社の大きな駐車場の片隅にエース君を止めて鳥居をくぐり直します。大きな狛犬さんは台座が寛政の青銅のものですが乗っているものは石像のもの、さらに奥に進んでまたも大きな一対、境内に入ると「日本一低い山・・・。」の案内板があります。
 
 案内所で証明書をいただき、付近の標高図を見せてもらいました。

 さっそくお社の左から奥に入って行きます。少し進んで右側に右奥に誘う案内板に従って・・・。ほとんど平らといっていい松林の中にそれは立っていました。(宮司さんの話では初代は木柱だったそうです。)

       鳥居脇の狛犬さん                  案内板               平成17年08月17日
御山登山記念証明書
 再び白鳥神社に戻って四国の山旅終了、鳥居をくぐって右折します。「みなとや」さんで登山証明書をいただきました。

 所要時間は・・・。御山、シコクカッコソウなど四方山話の方が長かったかな。楽しい時間でした。

 

 
 
          GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号) この
地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。



       前のページへ       2011年の山        次のページへ

                しろうと山ヤの部屋トップページへ