両神山(1723.5m)

 梅雨明け連休も19日、20日と所用が入って18日の今日が山行き日です。Pさんの足の復調具合を見るのに登り3時間程度のお山を物色、新潟方面はまだ雷雨が残りそうで平標山はまたも今回パス。

2010.03.05 四阿屋山から

 2010年07月18日のお山めぐりは埼玉県の両神山です。

 別に100名山信者ではないのですが、前回御一緒の友人が7月初めに登ったことと、狛狼3対を見るために行ってみることにしました。

 四阿屋山登山口近くにある道の駅で車上泊と車中泊、暑くてエアコンかけっぱなしの車一台(これは勘弁してルール違反ですよ。)と藪蚊でよく眠れず・・・・・。

参考 エアリアマップ「奥秩父」

 真夏の暑いお山には沢沿いの道ということで歩きました。早朝から登っても汗がふき出てきますがこれは覚悟の上、しかして展望好きのS&Pには黙々登るだけのつまらないお山としか印象が残りません。今日はPさんの回復度合いを見るお山でしたが復活はまだまだ先のようで、長いお山はしぼれの単独行が続きそうです。
 次回はやはり八丁峠からか、天武将尾根の破線路も魅力ありそうですが、いつになりますか。


                      GPS図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


      前のページへ       2010年の山       次のページへ

              ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ

 平日の暑い日でもさすが日本100名山です。あとからあとから登ってきます。夏休みですねえ。中高年登山者だけと思っていたら山ガールよりもっと若い派手なスタイルの山ギャル?も登ってきています。

 両神山荘前に戻って、今日のお目当て4番目の両神神社里宮はすぐ下を左へ入ったところで明治35年生まれの狛狼がお出迎えでした。

 戻ってくると第二駐車場まで満杯、第三駐車場はさすがに一台でした。前後して到着の男性2名はバス利用のお泊まり組でした。

  第一駐車場(0:04)両神山荘下(0:31)七滝沢分岐(0:56)八海山標柱(0:40)清滝山荘(0:47)神社(0:26)山頂(0:20)神社(0:30)清滝山荘(0:29)八海山標柱(0:47)七滝沢分岐(0:31)両神山荘下(0:02)両神神社里宮(0:03)駐車場

 所用時間は6時間43分(歩行6時間04分)、狛犬(狼)探訪の山旅でした。

最初の鎖

御嶽神社

山頂へ

清滝小屋

不動様で4分休憩

ギンバイソウ

 7時49分に小屋と小屋の間から裏手に抜けるとジグザグ登りになります。鈴が坂の案内柱から8時06分に尾根に出て左へ、モミジカラマツ、今日最初で最後のクルマユリを見て鎖場です。直登してもよいのですが巻いて登れます。次も同様でした。

 道が緩んで横岩へ、ここは左に曲がってロープ場になります。木の根が出てきた登山道は左から右に巻いて進み、赤い鳥居の両側に今日お目当ての御嶽神社の狛犬いや牙があるから狛狼か、1対待っていました。(ブログの方に阿吽があります。)

 少し進んで右側に両神神社のお社があり、ここにも狛狼1対が住んでいました。登山道は何回か尾根と尾根を右に巻く道が出てきますが案内板に従って右を進みます。少し登って小さなピークを越えて最後に左に登り、尾根伝いに右へ進んで3人の男性が休んでいるベンチの休憩所、その先に山頂0.1kmの案内板があります。 

 9時07分到着の山頂は左に展望が広がっていますが、残念ほかは雲に隠れて見えません。

沢を渡る

不動様

 6時25分、後ろから来た男性に道を譲ります。沢を左に渡って右岸を登って行くと見慣れぬ花が目に入りました。跡でネットを手繰ってみたらギンバイソウと呼ぶようでこのあとずっと登山道沿いに出てきますが、いくつか開いているだけでした。

 6時37分に沢を渡って左岸へ、ジグザグ登りから6時56分曲がり角の案内板を見てPさんの足が止まりました。

 小休憩のあと、再び歩行開始、弘法の泉、白藤の滝分岐で小休止、7時42分にガスが出てきた清滝小屋へ到着でPさんリタイア、しぼれだけ山頂往復です。

 登山口の日向大谷の無料第一駐車場には5時過ぎに3台目で到着、5時22分に出発です。木のないところは光があるものの樹林の中はデジカメもブレが激しく半分は使い物になりませんでした。

 道はよく踏まれており、さすが日本百名山です。杉の林の斜面を少し登って下り加減で七滝コース分岐、直進で左下にベンチが目に入り、沢に下って6時ちょうどに木橋を対岸に渡ります。

 6時07分に両神山3.9km案内板を通過します。右手に石仏、片手に刀でこれは不動様でしょう。左へ右へ渡渉を繰り返すことになります。

山頂から

 途中でお泊まり組の何人かが下ってきましたが、東岳の方へ行ったのでしょうか、道を譲った男性がおりません。
 雲が取れてくるのを少し待ちましたがPさんが待っているので9時12分に撤収です。

第一駐車場は先客2台