大沢山(327.5m)

手入れされた道

大沢山の板

 5連休も一昨年までなら喜んだものですが、フリーの身では関係なし。魔女の再訪から2週間を経過、後遺症もほとんどなさそうです。地元のテレビ放送では連日彼岸花を映していました。画面はたぶん鹿沼の高鳥屋山・・・・・。

カシミールで作成のGPS図 

 前回はすぐ右上に進む愛宕山コースから歩きましたが、今回はまだ歩いていないルート取りで次の分岐を右上に登り、男体神社の南に出ることにしました。案内図にも2度の急登とあるとおり尾根に伏木の階段、両脇にロープが設置されています。


 尾根の周遊路に出て、80mほど右の男体神社の石祠にごあいさつ、4年前にはなかったSHCカワスミ氏の「男体山」の板があります。

 左奥に薄い踏み跡をほんの少し下ってアンテナ設備から少しの展望が開けます。

 分岐に戻って、南下します。基本的に左雑木、右黒木の尾根をたどります。11時22分、左に古い案内板、右下に尾根が分かれ、南摩の運動公園への踏み跡が続いていました。これはまたの機会にお散歩しましょう。

 

男体山の名板

粟野方面

 尾根は直角に右に曲がって急降下、やや暗めの鞍部から急登の登り返しから11時42分に大沢山に到着です。

 見覚えのあるRK氏の板の下に、やはり前回なかったSHCカワスミ氏の「大沢山」の板がかかっていました。

 2009年09月19日のお山めぐりは4年前に歩いた高鳥屋山(ここをクリック)の周遊コースの三角点峰「大沢山」の再訪です。

 リハビリ散歩の第二弾で傾斜地の足慣らしならぬ腰慣らしです。

 10時43分に鹿沼市野尻集落南の川沿いの空きスペースの駐車場所からスタート、橋を渡ってツリフネ、ゴマナ、ノコンギク?などが咲いている舗装路を進みます。

↓高鳥屋山       ↓大沢山

 ふれあい広場分岐に戻って、杉林の中の伏木の道を下り、舗装林道に出て、12時17分に駐車場所へ到着でした。

 1時間34分のピークハントを終えておなかがぐうぐう言っています。山里には赤い彼岸花、白いソバ畑が似合っています。久我か引田か板荷のそばか、少し迷ったS&Pとエース君は一番近い久我の里への直行便に早変わりです。


         前のページへ  2009年の山  トップページ  次のページへ

↓二股山↓かまど倉   ↓次石山       ↓古賀志山

 11時44分に撤収です。少し下って分岐へ、右は高鳥屋山と御陵岩ですが、今日は大沢山の板を見に来ただけなので直進です。出会いの峰100mの表示に従って分岐を過ぎて展望小ピークへ、ここは180度の展望が広がっていました。(前回は別コースを下っていました。)