茨城の山めぐり
 陰陽山・雷神山


 3日かけて茨城のお山、福島のお山をめぐることにした。手始めに分県登山ガイドに載っていた陰陽山へ、続いて多少時間が余ったのでナビに映った雷神山を適当に登りました。

次のページへ
トップページ
2006年のお山
前のページへ

陰陽山(233m)編

 馬頭から美和へ抜けて金砂郷へ向う途中の右側にある陰陽山は何度か通り過ぎていた。去年は美和を抜けるこの道路は片手以上の回数を通ったろうか。

 2006年1月5日のお山めぐりは茨城県の陰陽山に登ることにした。

 水戸光圀公にゆかりの陰陽神社は陰陽2対の巨石を山頂に抱くと聞く。

 10時45分、靴だけ履き替えて歩き始める。すぐに車道に出て正面に鳥居、左にあずまやが見えた。駐車場所の案内図から左のピークを先に登る。



 10時54分に小ピークのトップへ、南に陰陽山の全景が目に入る。
 赤い木はモミジでなく木の実のようだ。10時56分に撤収して、往路を戻り、11時02分に車道に出て左上に向う。

東北の小ピークから陰陽山

左の小ピーク

小ピークトップ

 11時04分に最奥の駐車場へ、左上へ向う参道と右上のあずまやから迂回する道に分かれるが、迷わず直登の左を選ぶ。
 11時10分に山頂のお社に着いた。両側にはダックスフンドのように短足胴長の狛犬、説明によれば高麗の猟犬を模したものらしい。

陰陽山森林公園の看板

陰陽神社

変わった狛犬

南のパノラマ

陰陽石

 陰陽石の裏に展望台があり、11時15分に最高地点へ。東、南の展望マが広がる。しばし、展望をデジカメに収めて11時20分に撤収、11時42分に駐車場所へ戻る。

 登り30分、下り22分、1時間足らずであるが急登も展望もある楽しいピークハントでした。その後、念願の金砂郷庵のそばを食べることができました。切り口がそろった見事なそばでした。


雷神山(241.4m)編

林道西より雷神山

 2006年1月5日午後のお山めぐりは常陸大宮の雷神山である。

 雷神山だから祠があって参道もあるのではと脳裏をかすめたが、12時39分に西の林道から黒木の林を直登した。獣道が左右に走っており適当に拾って登る。

 12時45分に山頂の三角点へ、やはり南から参道が登ってきていた。
 12時47分に撤収、南に下る。廃屋と廃ワゴンのある所から右に林道を歩き、12時55分に駐車場所へ到着した。

山頂にて

参道下から南の展望

南の参道

登り6分、下り遠回りの8分の小さなピークハントでした。

 お隣の小さなピーク要害山を忘れていたことに帰ってから気がつきました。ナビの画面に出ていなかったので思い出さなかったのでしょう。いずれ天下野のそばめぐりをする時に東金砂山、鷹取山とかけて登ろうと思います。
 
※ 2008.02.01 茨城の山オヤジさんのご指摘により山名を雷電山⇒雷神山へ訂正しました。お詫び申し上げます。