御嶽山(162.2m)から
    だんご山・琴平山

 だんご山から上記左画像の地点に戻って琴平山へ、少し下って右折ですぐに左に二本の登道があります。左は直登、右は南西からツツジの広場を登りますが後者を選択です。

 左の伐採地の鉄製の籠はイノシシわなか、黒木の中から左に曲がってツツジの斜面を登り切って記憶に残っている展望台から小さく筑波、大政山からたぶん根本山が目に入ります。奥へ入ると境内の一角に屋外で初めて見る雷神の石像、琴平山神社の境内には狛犬さんは御不在でした。

 北東に下る参道を下って5分、左が伐採地で展望が開けます。右端に小さくなだらかな高みは八溝山でしょう。

 北東に参道を下って5分、十字路を北東に破線路を直進し小さな尾根を越えて左に池を見ると丁字路分岐、その右に鳥居があります。右にキックバックして参道を登るとこれまた狛犬さん御不在の愛宕神社の小さなお社、ほんの少し奥の小藪を抜けて小尾根へ戻り、道型のない破線を左へ向かいます。

だんご山から

ここから左へ

 大寒を迎え寒くなって機動力の落ちたS&P、狛犬さんを探して近場の低山のてっぺんへ出動です。

北から           ↓だんご山

 2011年01月22日のお山めぐりは再訪の御嶽山から新顔のだんご山、そして再訪の琴平山です。

 地形図の御嶽山と琴平山には神社マークが張りついています。以前のときには狛犬さんがいなかったような記憶ですが、今回再訪で確認することにしました。

 ついでに北東の神社マークも・・・。

参考 国土地理院25000分の1地形図「祖母井」


                   GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。



 今日も焼き直しのお山ですがピストンでなくぐるっと周遊することにしました。いつも思うことですがゴルフ場はいい位置にあります。最近県内でプロのゴルフ大会がなくなってきたので場内を歩くことがなくなりました。一日ハイキングに解放したら有料でも結構集まるのではないかと思うのですが・・・。(S&Pだけ暴論かな?)


           前のページへ      2011年の山      次のページへ

               トップページようこそしろうと山ヤの部屋へ

 一番の高みで右に視界が開けて琴平山、この辺りから軽四輪の入れる幅広の道になります。右(南)に直進の破線路は倒木が重なってパス、蕎麦屋さんの幟の立つ119m評点の舗装路に出て右折、少し先の丁字路は手前のバイパスを右折してゴルフ場内を通過します。

 今日は風もほとんどなくぽかぽか陽気です。道路から見えるグリーン越しの琴平山、10年前にお山を始めると同時に廃業したゴルフ場めぐりを思い出しながら、車の通りのない緩やかな舗装路を下ります。

 駐車場には12時04分に到着でした。

破線路はこんな感じ

参道を下る途中から左に

展望塔へ

山頂のお社

 裏側の回ると記憶にある展望台、今日の日光連山は何とか見えますが高原山、那須連山は雲に包まれていました。

 展望台から少し東に寄ってツツジの中の階段を下って右へ水道施設下の舗装路へ出ます。正面に琴平山を見て左のキャンプ村へ、ログ風の建物の間を登り返しで、遊戯施設のあるだんご山です。

 下から見える「いちかい」の文字のツツジの斜面が開けてパノラマが広がっています。

鳥居が

登山口

 10時32分に南の駐車場からスタートです。いったん舗装路へ出て右(西)へ進んですぐに御嶽山神社の案内柱を見て右上に登って行きます。

 黒木の中をやや急登、すぐに傾斜が緩んで前方が開けてくると鳥居が目に入ります。10時42分に到着の拝殿近くには狛犬さんは御不在、右から回って裏へ登ると赤の鳥居とお社と三角点、ここが162.2mの御嶽山の山頂でした。