中山(1519m)

西の湖遊歩道から中山

 今週はお山は雨と思っていたが、朝目が覚めると外は少し晴れ、ライブカメラの男体山もくっきりであった。

 少し出発が遅れたが、2005年7月10日のお山めぐりは、奥日光の中山とした。

 日光有料道路は半額、日光プリンスホテル手前右のスキー場の無料駐車場に8時40分に到着、同50分に山支度を整えて出発した。

 中禅寺湖北岸の遊歩道は整備しなおしたらしく、木道等の木の香りがする。切り開きと赤岩から展望が広がる。

 中禅寺湖、黒檜岳、これから向かう中山、宿堂坊山   ↓中山

 遊歩道は高山から来るときに一度歩いていあるが、こちらからははじめてである。
 道はかなり整備されたようで危険箇所もほとんどない。

 千手ヶ浜に9時56分に到着、案内板を見て湖岸沿いに進み、西の湖遊歩道に入る。辺りはマルハダケブキの群落で覆われており、時おり植物などの説明板が設置されている。赤い橋までに2人の女性ハイカーとすれ違う。赤い橋に来るとさすがに観光客が多くなるが、今日は雨の予報だったせいか数は少ない。

 西の湖は何年ぶりだろうか。10年は経つか。水は少なくなっていた。

 左の湖岸を歩き、柳沢川に向かう沢に出て左に少し入ると、中山北西尾根が突き出ている地点を渡る。昨日までの雨で心配した水は流れていなかった。

西の湖

 10時42分に尾根に取り付くと、すぐにシャクナゲ藪になる。約15分で大きな岩が現れ、中央部が崩れていたので右に巻いてシャクナゲ、倒木を避けながら登ると再びシャクナゲが出てくる。11時31分に二本の太いゴヨウマツのある高みを登る。獣道を追って、11時43分に御料局三角点のある山頂に出た。

     尾根末端           シャクナゲの尾根         シャクナゲの密集地         山頂

 12時ちょうどに撤収にかかる。帰路は烏が森の住人さんのHPより、東に向かう尾根を下る。山頂直下からシャクナゲであるが、背も低く登りよりは下りのほうが歩きやすいか。

   直下のシャクナゲ藪     最後のコブを右に巻く     柳沢川下降地点

 急傾斜地点がひとつ、ここを越えると藪も薄くなる。
 12時45分、左柳沢川、右枯れた沢が見える。ここは柳沢川に向かう。
 

 山靴でも渡れる所があり、対岸に渡渉、川沿いに砂利の林道が進んでおり、千手が浜には13時12分に到着、遅出のクリンソウが少しばかり赤い花を咲かせていた。土曜日の予報とかなり変わった今日の天気は、朝の予報どおり晴れ間が戻ってきた。

 遊歩道を歩き、14時20分に駐車場所に到着し、登り2時間53分、下り2時間20分の山旅を終えた。
トップページ
2005年のお山