御座山(2112m)

 6日〜8日は所用が入っているS&P、左肩故障中のしぼれは足だけはうずうず、しかして白砂山は初冠雪でパス、裏予定の奥秩父の高いお山を横目に見て、運転時間の少なそうな地域は西上州近辺・・・。
 
      登山道途中から御座山
 2011年10月04日のお山めぐりは長野県の御座山(おぐらさん)にしました。

 前夜、南牧村の道の駅でぐっすり就寝のS&P、寒さ具合を見て600m程低い荒船山か当初予定の御座山にするか決めかねていました。寒さに完璧に弱いのですが、意を決して7時少し前にぶどう峠目指して出発です。

 8時に北相木村の「長者の森」の駐車場所に到着、山支度をして同17分に出発です。


 駐車場そばのテニスコートの先に登山口の案内板を見て舗装路を下ります。川を渡って右への案内板、すぐに左への案内板で舗装路から未舗装の道に入ります。足元にミヤマキケマンとは異なる丸みを帯びた大きな葉の黄色い花が咲いていました。(ナガノツルキケマン?)

 幅広道から一つ目の広場右側には去年6月遭難の男性のチラシがあり、気が引き締まります。案内板に従って左奥へ、さらに幅広くなった道の最終点に案内板、ここから左上に伏木の階段が出てくる細道を登ります。

 大きく左にキックバックするように曲がってW字のように登って行きます。二つ目の大きく右に曲がる標高1560m地点で登り始めて1時間、エネルギー補給で5分程休憩です。

 西に向かって傾斜が緩んだ道が尾根を外れて左に下る直前で左の木の間に冒頭の御座山、ほんの少し右に登って浅間山方面が目に入りました。

          駐車場から出発             ちょっと藪が被さった階段道         浅間山方面

 登山道はいったん下って赤白の鉄塔敷きを通過、更に下ってから最後の伏木の階段道を登って9時48分に白岩コースからの登山道と合流し、左にキックバックで登ります。

 左上に緩やかなアップダウンから尾根の左を巻いて初めて笹が出てきた斜面を過ぎて10時10分に右上に復帰、尾根の小鞍部で2回目の小休憩9分でエネルギー補給です。

 尾根の急登と思いきや右からジグザグ登りになり、15分で黄色の葉っぱのコシアブラが立つ尾根に出ます。ここから右に浅間山方面と思しき山塊が目に飛び込んできました。左に進んで展望台の板、右に八ヶ岳方面の展望が広がっていました。

 ここからは前衛峰まで40分の表示、疲れが出てきたPさんに合わせて出発です。シャクナゲが出てきた尾根の急登から前衛峰には11時22分の到着、やっと間近に見えてきた御座山、表示板には35分の文字が見えます。

        展望台から八ヶ岳方面         尾根はこんなところも     前衛峰1992mから御座山  
 道はいったん岩場を下り、丁字路の鞍部を通過ですが、丁字路の右下へは進入禁止マークで廃道のようです。登り返して12時05分に新しそうな避難小屋の脇を抜けて右へ登ると岩峰上の山頂到着でした。

             八ヶ岳                                  ↓御座山の山頂

        西上州の山か
         山頂にて
 

 金峰山にも雲がかかってきました。しばらくぶりに山頂でゆっくり休憩でしたが、季節的にそうそう長居もできませんので13時05分に撤収です。往路を逐一確認しながらですが記憶はあいまいです。デジカメのデータを随所で撮りつつ往路を戻り、駐車場所には15時35分の到着でした。

 長者の森P(1:25)白岩コース合流点(0:38)展望台(0:43)前衛峰(0:44)御座山(0:28)前衛峰(0:24)展望台(0:29)白岩コース合流点(1:03)長者の森P

 所要時間は7時間17分(歩行登り3時間32分、下り2時間24分、計5時間56分)

 ここのところの左腕の付け根(肩)痛でおとなしくしているつもりでした。他はいたって健全のしぼれは天気予報に晴れマークが出てくると足はうずうずしてきます。とあるお山を予定していましたが3日程前に開いた古い2000年版のアルペンガイド7「奥日光足尾上州」から御座山をピックアップです。登山中は誰とも会わず静かなそして展望の山旅でした。

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像) 及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です
 
  

参考 国土地理院
     25000分の1地形図
      「信濃中島」「浜平」

    ヤマケイアルペンガイド7
         2000年版

    北相木村HP
 
 前のページへ        2011年の山       次のページへ

         しろうと山ヤの部屋トップページへ