女峰山

 日光男体山は「西の端」・・・24の84⇒2484mである。宇都宮から眺めるとブッチャーの額のように山肌を傷つけられた男体山の東にそれより1m低い2483mの女峰山が並ぶ。
 2004年5月末に日塩道路から登った前黒山の山頂手前の笹原か見た女峰山は東北方面から俯瞰したのであるが、角度が違って新鮮に見え、男体山は女峰山に隠れていた。私は2度目、パートナーは初めてであるが、好天ならば何度登ってもよい山の一つである。
 それは下の画像が示すとおり四つの山が列を成して見え、日光のお山のほとんどが視界に入るからである。

錫ヶ岳

高薙山

白根山

燧ケ岳

太郎山

社山

日光男体山

大真名子山

小真名子山

帝釈山

 下の二つはお隣帝釈山からの画像であるが、天候に恵まれれば360度のパノラマが広がる。日光三険のひとつ、やせた尾根を通過するが、通常ならば危険とはいえない。むしろ唐沢小屋からの登りのほうが神経を使う。
 山行きは2005年9月18日であったが、ナナカマドの実が赤かっただけで紅葉はまだまだであった。

小真名子山

太郎山

トップページへ
再訪したい展望のお山
2005.09.18 女峰山へ