盗人岩(442.8m)

 朝方は快晴、時間がたつに従って雲がかかってきた。散歩がわりの近くのお山は・・・・。

 
 2010年04月02日のお山めぐりは日光市の地形図に記載のない三角点峰「盗人岩」を歩く
ことにしました。

 手岡八岡橋からから盗人岩  

 盗人岩の洞窟入口の路肩に駐車し、11時に出発です。右上に舗装路を2分、黄色杭のある
作業道入口に入るとすぐに左上に登る送電線巡視路があります。
 直進は伐採地の中をすぐ下の鉄塔に向けて進んでいるようですが今日はお預け、左上に登り
ます。

 右に視界が開けて180度のパノラマが目に入ります。

                     ↓480m峰↓鞍掛山    

 

 左に右にジグザグ登り、尾根の左を巻くようにして赤白鉄塔敷きへ出て、右から左上に登って
三角点のある盗人岩に到着です。視界はありませんが山名板が5枚かな・・・。

 滞空時間なしに右へ下って登り返しは展望のある平らな岩の上です。ここも通過して小ピークに
出ると赤ペンキマークの木が2本、左(北西)へ下る尾根に踏み跡、青テープがあります。

 左が開けて下画像のような展望が開けていました。

         ↓観音寺山(猪倉城址)    この辺りは高原山なのだが・・・。


 とりあえず帰路はこちらということで東に向かって展望岩棚へ11時24分に到着です。ここも180
度の展望で30分ほど休憩です。

宇都宮北部の山と篠井連峰 東端のピークと鞍掛山方面

 30分ほど休憩して先ほどの小ピークに戻り、北に尾根を下ります。傾斜が緩んで尾根末端は切れ
立った岩、赤ペンキの↓マークは下から登るように書かれています。

 ここは左下に青テープが見え、左から巻いて下ることにしました。(右からも下れそうですが未確認)
倒木の下をくぐって岩の基部へ出て、右上を見上げれば、ここはしろうと山ヤの領域ではないことを
悟ります。

 岩の基部からは黒木の尾根下り、390m標高地点から左下に下りますが、奥の小ピークからは右下
に赤ペンキの印がついていました。おそらく北東の事業所さんの傍を通っている道へ抜けるのかもしれ
ません。

小ピークから右下へ 右の岩壁

 左下へ北西に尾根を下って標高350m付近から青テープの誘いにのって左下へ下ります。植林地
の平らな地点に
右下から作業道が入っていましたが、青テープに従って左へ枯れ沢を渡って山裾を登り基調で進んで
行くと作業道に飛び出しました。

 作業道を右折してすぐに舗装路を左折、12時36分に駐車場所到着でした。


 駐車場所(0:02)巡視路入口(0:16)盗人岩三角点(0:05)赤ペンキの小ピーク(0:02)
展望岩棚(0:02)赤ペンキの小ピーク(0:06)岩の基部(0:05)鞍部(0:25)駐車場所


 所要時間は1時間37分(歩行1時間03分)、展望の小さな小さなピークハントでした。
        (歩行時間の誤りをを訂正しました。)

 GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号) この
地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 山名の読み方は点の記では「ぬすといわ」ですが、ぬすっと・ぬすひと・ぬすびとのうちのいずれ
かか。とりあえず「ぬすひといわ」としておきました。


 前のページへ        2011年の山         次にページへ

           しろうと山ヤの部屋・トップページへ