鶏岳(667.8m)

 古山山のときに地形図を忘れて見落とした神社マークが2つ、今日は快晴でヒルさんのいない今、再訪のお山を一つ・・・。

鶏岳

 2011年02月21日のお山めぐりは塩谷町の鶏岳にしました。

 鶏岳は8年前の9月に舗装林道からピストンしていますが、初めてヒルさんを見たお山で次回は葉が落ちた時期にと思っていました。

 今日は東の山口集落から参拝道を探索です。

山頂にて

 12時57分に撤収、南の肩で斜め左に下るような痕跡、こちらが参拝道だろうか。すでにPさんは正規の登山道を下りかけていました。

 見覚えのガレ場の登山道から黒木の尾根、そして舗装林道を左折、山口集落への実線路の砂利道を下って駐車場所には13時58分の到着でした。

日光連山
急登の杉林から左へ
沢に合流
鳥居の残骸

 合流地点から16分で到着の山頂には記憶のとおり石祠一基のみでしたが、名板は増えて7つか。西に大展望ですが、春霞かぼんやりしていました。

 山口公民館を過ぎて舗装路を歩いている男性から情報収集、地形図実線路の途中から古い鳥居の参拝道が右に入っているそうで、集落から実線路を入った2つ目の左折道路に駐車の許可をいただきました。(この時期だけで通常は農作業で×だそうです。)しばらく行っていないのであるかどうかとは言っていました。

 駐車場所から11時01分に出発、左に手入れのいい間伐林を見て7分で右奥に見える鳥居の残骸の参拝道に突入です。最初は明瞭な道も舗装林道に近づくと沢に合流、舗装林道下の埋め立て斜面で消失、右上に登って林道に出ます。

 林道上の沢に沿って入っているかわからず、なだらかそうな左の支尾根を登ることにしました。明るい雑木尾根は赤テープが一つ、ときおり幹に鹿の食み跡、足元にはお土産がいっぱいです。大きな岩を超えて急登の杉林の斜面を登ると右下から左上に杉の肌に赤ペンキと踏み跡、これを進むと雑木の急斜面で踏み跡は消失ですが、よく見れば少し先にトラロープがあり9合目の案内板の少し下の地点で登山道と合流でした。

 駐車場所(0:07)鳥居の残骸(0:16)舗装林道(0:42)登山道合流(0:16)山頂(0:30)登山口(0:30)駐車場所

 所要時間は2時間57分(歩行2時間21分)、参拝道探索ならずも展望のピークハントでした。

 参考 国土地理院25000分の1地形図「玉生」


 情報収集で地元の人も最近は通っていないようで鳥居も残っているかどうかと申しておりました。林道開通で道が分断され使わなくなったのでしょうか。ひょっとしたら登りついた林道の先の沢をそのまま登り、右の尾根に道があるのかもしれません。(未確認)機会があれば情報収集して再挑戦してみましょう。

                GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)      
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。   


    前のページへ        2011年の山        次のページへ

               しろうと山ヤの部屋トップページへ