西沢富士山(230m級)

去年の2月、中腹にあったという浅間神社へ狛犬探索
山裾の南摩川近くの鳥居傍の石碑裏面にに西沢富士山の文字
そのときお社奥へ進んでみればよかったのだが・・・。


 東から

 2014年01月08日のお山めぐりは鹿沼市の西沢富士山にしました。

 南摩コミュニティセンターで情報収集も西沢富士山については詳しい位置がわからず、去年の2月に引き続き現地へ向かってみました。

 この時期、南摩川は水流なし、問題なく対岸(西)へ渡れます。鳥居のすぐ上部にある石碑へ、表に通称富士山、裏面に西沢富士山の文字を見ます。さて、最高点へはどういったらよいか。参道ではなく左を登る作業道を選択です。

 道は右にカーブし浅間神社の左側を登っています。前回気がつかなかった御神木の裏を回って目立たないように左上に登っています。少し進んで右・左とジグザグ登りで、ひょっとしたら山頂に奥宮が・・・と期待が湧き上がってきました。

 道が右上になってとうとう南北の尾根に出ました。右の北端から口粟野の城山から右に凸凹の目立つ山塊は三峰山でしょう。(ここも再訪してみなければなりませんねえ。)左上にキックバックで針葉樹の幼木の間を抜けると手すり付きの金属製の階段が急斜面を登っていました。

 階段の最上部からは展望が広がります。山頂には明治の石祠、残念ながら展望は木越しになります。情報収集に来て登ってしまったのでGPSを忘れました。

      
↓粟野城山方面   ↓三峰山     山頂の石祠
  

 所要時間は45分(歩行登り22分、下り17分)、富士の一座の山旅でした。

 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「鹿沼」

   軌跡図(カシミール3D使用)軌跡はこんな感じかな?
   
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」   
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 
前回は冒頭画像の右端のピークに登りました。こちら側は東が開けて180度の大展望、ランチハイクには最適のお山でしょう。今日はそのとき探索しなかったお社の奥、立派な参道が登っていました。10か月かけてやっと終わりました。

 前のページへ         2014年の山        次のページへ

           ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ