鳴神山(979.7m)

 サクラソウは色も白からピンク、大きなものから小さなものまで多くの国産種があるそうですが、できるだけ自然のままで見てみたい。そういったなかにここだけでしか見られないカッコソウ、今日は桐生のお山へGO!

 あとは急斜面の砂利、コンクリート、砂利と続く道を下るだけです。途中で2つの団体さんが登ってきました。みなカッコソウ目当てでしょう。賑やかな若い男性2名に道を譲り、あとから下って木品登山口へ、駐車場はマイクロバス一台ほか乗用車で満杯、道路の上下に数台止まっています。

 12時30分に小学校前の駐車場へ到着、2年越しのカッコソウ目当ての山旅終了でした。

赤城山

桐生市方面

梅田南小裏のPから

 2010年05月09日のお山めぐりは群馬県桐生市の鳴神山です。

 11年前に一度木品登山口から登り、尾根を南に下って途中から藪こぎ下山したことがありますが、カッコソウはまだ見たことがありません。

 今日は縦走可能ならということで桐生市梅田の梅田南小学校北側のPスペース(12台)に駐車、6時52分に出発します。

ナルカミスミレ

カッコソウ

 駐車場(1:04)木品登山口(0:15)コツナギ橋登山口(1:08)カッコソウ保護地(0:04)尾根分岐(0:26)鳴神山仁田山岳(0:04)鳴神山桐生岳(0:05)鞍部(0:52)木品登山口(0:50)駐車場

 所要時間は5時間38分(歩行4時間48分)、カッコソウ満開状態に遭遇の山旅でした。いずれ時期を違えて吾妻山まで縦走しましょう。


 参考 国土地理院25000分の1地形図「大間々」
     桐生市ホームページ・ハイキングマップ 
     上州山歩1997年版

   前のページへ      2010年の山    次のページへ

          トップページようこそしろうと山ヤの部屋へ
 

↓奥が日光男体山

↓たぶん奥が袈裟丸山

↓仁田山岳

 しばらくするといったん誰もいなくなったので記念のデータを取っていると団体さんが登ってきました。今朝の腕章の男性がいるので新潟からのグループでしょう。男性にご挨拶して撤収です。

 鞍部から左下へ下ると見覚えのある神社、鳥居、そして今日2つめのお目当ての狛犬ならぬ狛狼様です。昭和4年ものの片方の狼さんは耳が落ちていました。

 Pさんは絶不調、左下の木品登山口へ、カッコソウ、ナルカミスミレを見ながら下ることにしました。少しの距離の保護地は3株ほど花芽をつけているカッコソウがあるだけであとは小さなものだけでした。
(地元と思われる男女から杉が伸びて光が入らなくなったのだろうとのことでした。)

 下る途中の登山道脇にエイザンスミレとエゾヒトツバスミレ、保護地の中に白のナルカミスミレが咲いていました。

 登山道に戻って仁田山岳への踏み跡に気がつかず右に下ってしまい、往復3分のロス、左上に登って石祠のある山頂でした。ここは展望はなく、桐生岳へ向かいます。

 いったん下って登り返しすと登山者数名のいる桐生岳山頂です。ここは360度の展望、とりあえず北半分をパノラマ撮影しました。

カッコソウ3

カッコソウ2

カッコソウ

 15分ほど目とデジカメに焼き付けて、撤収です。登り始めて4分、石祠のある尾根に出ます。ここは十字路、左上に向かいます。

 9時53分、分岐から12分で右にぽっかり空けた展望スペースがあり赤城山方面が目に入ります。登山道に戻ってさらに上へ、足元にアカヤシオの花弁が落ちていました。目線にはミツバツツジの紫が咲き始めています。尾根を外して右へ上るとバリエーションコースの案内板、ここは白のヒメイワカガミ、アカヤシオの下りでしょう。次回来る時のデータを取って登山道へ復帰します。

 鳴神山の2つのピークの一つ仁田山岳への尾根は右に曲がって10時03分に赤城山展望台に出ます。ここからの赤城山も下の画像のとおりさえぎるものなしでした。

ヤマブキソウ

コツナギ橋登山口

斜面の茶畑と民家

 7時台の舗装路は車もほとんどなし、分岐から数分で右に空きスペース10台ぐらいか、7割はたぶん地元の車?で埋まっていました。舗装路両側には薄紫のフジの花が満開状態でした。

 約1時間で木品登山口、駐車場にいた保存会の黄色の腕章の男性からカッコソウはもう2日程度は大丈夫と聞いて1km奥のコツナギ橋登山口へ向かいました。今日は新潟からの人たちを案内する模様で途中で出会うかもしれないねとのことでした。

 橋を渡ってすぐの登山口の手前左奥には田川山荘の建物、8時15分にその先の木柱からすぐ林へ入っていきます。最初はやや急、じきに緩やかに沢沿い右を登って行き、途中から4度かな、沢をジグザグに渡ります。

 足元には白のスミレ、ミヤマキケマン、開き始めのヤマブキソウが相次いで現れ、シロバナエンレイソウ、ニリンソウ、ヒトリシズカが続きます。白い小さなお花はワチガイソウ?、葉がちょっとちがうような・・・。
 葉と同じ緑の6輪の花弁の花は何でしょうか、左に曲がった斜面に群落を作っています。

 9時25分、保存会の板とカッコソウの保護地に到着です。下のほうには咲いていませんが右上に登って行く途中から斜面にピンクの花が点々と目に入ります。