長倉山(360m級)

 今日の古賀志は超満員、駐車場手前の路肩まで駐車の列
さてお山歩はどこにしようか。


 東から右端が長倉山
 2014年04月13日のお山めぐりは鞍掛山登山口方面から長倉山にしました。

 2月に一度歩いて山名板は確認しているのですが、木の芽の伸び具合も含めて支線林道を探索することにしました。

 鞍掛山登山口では4台が駐車、古賀志方面は進入禁止のテープが塞いでいます。少し戻ったY字路付近に駐車、13時20分に出発です。

 途中で左に進む支線林道へ入って行きます。尾根を跨いで右から沢沿いに登って終点、奥にテープがありますが測量用か?道はないので右上に植林地の斜面を直登です。コシアブラの芽が出ていますが、測定器の値は0.18μSvで採らずに登ります。

 尾根に出ると右下から踏み跡が登ってきていました。左上に登って4分、今年2度目の長倉山の名板のある山頂でした。(名板のかかっていなかった時も何度か通過しています。)

   
明瞭な登山道へ      長倉山の山頂
  

 ここ十字路、今度は北に下ってみます。雑木の尾根から左植林地、右雑木の尾根へ、そして沢を渡って鞍掛林道へ出ます。男性2名と男子1名の方々から道を聞かれました。鞍掛神社は戻って左ですが、間違って西進してしまったようです。登山口で別れて、駐車場所には15時10分の到着でした。

 所要時間は1時間50分、放射能測定と木の芽採取がありますので歩行時間はわかりませんがおよそ1時間30分程度と思われます。

 参考 国土地理院地図「大谷」

       GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  

    参考軌跡図と名板(2014.02.20)
   
    
       参考軌跡図(2014.05.17)
  
        参考軌跡図(2014.06.10)
  
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

  前のページへ      2014年の山      次のページへ

        ようこそしろうと山やの部屋トップページへ