妙見山(879.9m)
前室山(880m級)妙見山・三鈷室山


 11月中旬はいつも茨城のお山へ
栃木茨城福島の妙見山を歩いていた時に登り残した一座
900mなので紅葉にはちょっと遅いが・・・。


  ↓三鈷室山↓前室山・妙見山
  2013年11月18日のお山めぐりは常陸太田市(旧里美村)里川町の地形図無名峰「前室山」から「妙見山」少し離れて再訪の「「三鈷室山」を歩いてみることにしました。

 寒さに弱いS&P、例年のごとく出発が8時過ぎで登山口となる里川町の素鵞神社近くには10時30分過ぎに到着した。

 先(東)の民家手前路肩に駐車して御挨拶に伺うもご不在でした。10時45分に出発、神社の東にある林道を入っていきます。のっけから大きな岩の上にたくましく根張りしているモミジを見て左から右に支尾根を巻いて進んでいきます。

 さらに一本支尾根を左から巻いて登りになると左下からの道と合流し、右上にV字に削られた林道を登ります。左が雑木帯に変わった地点から傾斜が緩んだものの背丈を超す笹薮の登場です。5分ほどで地形図の林道終点付近で笹が消えて、踏み跡は左に水平に進んでいます。ここは斜面を辿ることにして右上に出ると薄い踏み跡、これは695m標点付近で消失です。

   
西へ出発  岩にへばりついたモミジ 林道終点付近  695m標点付近
    

 ここから先の急登斜面には密笹が待っていました。藪を避けて左にトラバースして傾斜が緩んだ主尾根の北側は藪はほとんどなし、やっとテープが現れました。右上の尾根に復帰して足元の倒木を見ると獣の餌食となった鳩の残骸と羽が散らばっており、最後に背丈を超す笹を分けると地形図記載の実線の林道終点でした。

 林道を左に辿って一か所だけ左に三鈷室山が目に入りました。762m三角点の表示地点はひとしきり探しましたが見当たりません。三角点が主目的ではないので再び林道を東進、主尾根の右側に出た地点は陽があたっており、麓から12時の時報が聞こえてきたこともあって休憩・エネルギー補給としました。

  
主尾根北側   初めて赤テープが 11時42分、左に三鈷室山
    

 12時17分に出発、前室山と妙見山をぐるりと回る実線の道路に12時24分に到着です。里川集落手前のハイキングコース案内図には両山とも南(右)側から破線が入っていますが、ここは藪も薄そうなので直登することにしました。

 ときどき左の木の間に三鈷室山が目に入りますが下草はほとんどなし、手前の肩地点付近で少々雑木がはびこっていました。水平移動からスギ林の登りになって展望なしの山頂には12時45分の到着でした。
平成22年建立の前室山の石板、裏には建立趣旨が記載されています。

 証拠データをデジカメに落として撤収、東に下って妙見山へ直接向かうことにしました。下り始めてすぐに赤テープ、これが間断なく妙見山直下まで続いていました。(見落としがあるかもしれませんが、妙見山山頂には黄色テープが続けて2か所)13時03分に石祠一基の妙見山の山頂へ、こちらも展望はなしでそさくさと東進します。

     
前室山にて      赤テープと黄色テープ     妙見山の石祠
   

 さて、こちらに赤テープの類は見当たりません。下る途中に破線路が右から左に来ているはずですがそれらしきものは見当たらず、GPSで現在位置を確認して左に下ることにしました。途中からほんとに薄い凹み、下る沢沿いに左に渡る二本の木橋?か。左に渡って小沢沿いに下ってさらに左側に小沢が一本落ちてきました。

 小沢は合流するので再度左に渡り、13時20分に砂利の林道に飛び出して左へ下ります。丁字路は右折、さらに舗装路に出て左折で登り返して小さな峠を越えます。ここから右に破線路があるはずですがパスして直進、次の丁字路で右上に三鈷室山へ向かいます。

 途中で右下から来る破線路出口はやっぱり藪が繁茂していました。左に熊穴林道を見て直進、最後はジグザグ登りで14時09分に見覚えの三鈷室山の山頂でした。電波施設をひと回り、往路の妙見山・前室山、里美牧場の風車を見て撤収、初のハイキング道を下ります。

    
小沢にかかる橋?         三鈷室山の山頂
  

 下った地点にある山頂まで50mの案内板はすぐわかりますが、広場になっているところからどの方向からわかりません。左方向が県境尾根で正解、遠目の利くPさんが赤テープを見つけました。

 ここからは明瞭な踏み跡、赤テープが誘います。緩いアップダウンでピークはうまく左を巻いて下っています。14時49分に熊穴林道に出てすぐに左下に誘う2段巻のテープがあります。杉林の中を下って林道終点へ、、ここからは地形図の実線路でした。

 朝、停まったハイキング道入口から左折、5分ほど素鵞神社へ参拝ですが、狛犬さんはご不在でした。駐車場所には15時37分の到着でした。先の民家の女性にご挨拶して撤収でした。

 駐車場所(0:28)林道終点(0:24)上の林道(0:35)前室山取り付き(0:21)前室山(0:14)妙見山(1:01)三鈷室山(1:01)ハイキングコース入口(0:15)駐車場所

 所要時間は4時間52分(歩行4時間09分)、気になっていたお山2座とシキンカラマツ探索時に再訪しようと思っていた三鈷室山が終わりました。

 参考 国土旧地理院「磐城片貝」
     新ハイキングNO666 2011年4月号

            GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」   
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 
前回の三鈷室山は山頂付近まで車で行っており、いつかは下のハイキングコースからと思っていました。ネット情報等で知った妙見山、新ハイ記事で藪は少なそうということでぐるりと周回です。登り始めの実線林道と上の実線林道との間は背丈を超す笹薮もあり今日のハイライトでした。茨城でも標高の高いこの辺りは紅葉は終わりでした。

 前のページへ        2013年の山       次のページへ

            しろうと山やの部屋トップページへ