再訪の明神山

ネット徘徊で目にした風見山田城?のレポ
塩谷町船生の神社で訪問漏れがひとつあり、重い腰を上げます。
出発時間が10時近くでは遅いよねえ・・・。


東から明神山へ

 2016年01月09日のお山めぐりは再訪の明神山へ、そしてその奥の小ピークから派生する支尾根の探索です。

 明神山東の東護神社入口の路肩に駐車して西に鳥居をめざして出発です。

 鳥居をくぐって参道を登り、大きな狛犬の待つ東護神社のピークは明神山、奥に名板が一枚下がっていました。(前回の明神山はこちら)

 奥に下って登り返した280m級ピーク、参考ページの航空写真からは右に尾根を下ったところのはずでした。ところが左に舗装路が現れた支尾根上には微妙な凹凸無し、下り切って右の建物は塩谷町のコミュニティセンター、左に下る舗装路の北側の小ピークにもありません。

    
明神山の名板     コミュニティセンター
  

 気を取り直して290m級ピークから北東に下る尾根に登り直すつもりで下った支尾根を登る途中でもう一本東に下る支尾根を覗いてみることにしました。

 当たりです。右上から左に下る支尾根が平になる地点で深さ2mほどのダレたVゾーンが一本、左に登った平地にはVゾーンに向かって少し高い凸地があります。支尾根の北西側は狭い平地が左右に走っています。北東に水平移動して末端から下ると左右に狭い平地、さらに下って2本目の狭い平地が左右に走っていました。

 
深さ2mほどのVゾーン 北東に下って2段の平地
 
 

 今日はこれで撤収です。発電所を左に見て道は右に北上、手前左の建物敷地の石垣でお食事休憩です。再スタートで幹線道路に出て右へ、さらに右に回り込んで駐車場所でした。時間は14時を過ぎそうで次に予定の三角点峰はパスすることにしました。

 所要時間は1時間52分(歩行1時間29分)、城郭探索の周遊薮山ハイクでした。

 参考 国土地理院電子地形図「下野大沢」
     ホームページ「故郷の史跡」さんの「風見山田城?」

        GPS軌跡図(カシミール3D使用)

  

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

(追記)栃木県の中世城郭さんへ投稿、管理人さんが現地踏査の結果、新規発見の城郭であることが判明した。詳細は「栃木県の中世城郭」さんのホームページをご覧ください。


  前のページへ     2016年の山     次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ