前山(1001m)

 午後4時から元上司の送別会のあるこの身なれば、自宅に午後2時には戻らなければならぬ。

 2005年6月11日のお山めぐりは湯西川温泉近くにある「前山」である。

 取り付き口は相当前から確認していたので、迷わずに8時50分には到着。山支度を整えて
9時06分に出発した。

 今日は浄水施設からの最短登山、湯西川スキー場を表口とするならば裏口登山である。

 南東に延びる尾根に乗るべく、杉の林に分け入る。9時29分に尾根に無事到着した。
 右上に向かうこと4分で尾根が急傾斜で立ち上がる。
 ギンリョウソウの集団が現れると右から来る尾根との合流点の右下に壊れた小屋が出てきた。

 合流点から1分、9時49分に山部氏の山名板のある山頂に到着である。

 葉の伸びた雑木に囲まれた山頂は展望皆無、長居は無用と9時54分に撤収にかかる。

 往路を忠実に戻り、10時4分に尾根の緩傾斜の尾根へ、そして10時17分に駐車場所に到着した。

 ヤマツツジは一株を残して花期も終了、登り口付近にはラショウモンカズラだろうか、紫色のシソ科の花が咲いていた。

 藤原栗山の藪山は5月までという某雑誌の記事を思い出した。やはり緑の出てきた頃までが登り時だったようだ。

 登り43分、下り23分の小さな藪山旅であった。

        山頂

   緩傾斜の尾根へ下る

 植林地の斜面の急登              ギンリョウソウ

2005年のお山
トップページ