五色山(2379m)から
  前白根山(2373m)

登山口             国境平                温泉ヶ岳

 先週末は同期会、その余韻で日曜日は沈没でした。足持無沙汰のPさんの登るお山を物色、プラスしぼれの希望を入れて奥日光です。というより車検の代車では長距離山行きは無理なので・・・。

五色山から白根山

 2011年07月25日のお山めぐりは湯元から再訪の五色山・前白根山です。

 五色山は11年前に金精峠から国境平へ、そのとき湯本から登ってきた登山者が2本のストックを操り登って行くのを初めてみました。

 いつかは湯元から国境平経由で登ってみたいと思っていましたが、登り3時間程度、しかもネット情報から女王様探索も兼ねて歩いてみることにしました。

 駐車場所(0:14)登山口(2:32)国境平(0:35)五色山(0:30)前白根山(2:11)駐車場所

 所用時間は6時間51分(歩行6時間02分)、花の山旅でした。


 今日はPさん用に登り3時間前後でピックアップしました。登りは未踏の国境平ルートへ、ついでに女王様の集団探索です。天気はなんとか持ってくれましたが下る途中の再訪の外山はパスしました。いずれ今月の裏予定だった湖上山から登ってみましょう。

                    GPS軌跡図(カシミール3D)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です


         前のページへ     2011年の山    次のページへ

                しろうと山ヤの部屋トップページへ

 下る途中で草の中にオレンジ色の憎いやつはクルマユリか、すでに記憶にない天狗平、そして外山へ登った鞍部は左下へ下り、ジグザグ尾根下りは少しは記憶に残っていました。使いたくない痛めた左腕(肩)、右腕の肘近くの筋肉も少し痛みが来ました。

 スキー場内から左折して左上にピンクの花は大好きなヤナギラン、右下に張られたテント3基を見ながら駐車場所には14時16分の到着でした。

前白根山                      山頂にて                 女王様

 前白根山に向かう途中でハクサンフウロを撮影中に男性1名とすれ違い、今日はこの方だけでした。鞍部から登りにかかって右奥に鹿さん2頭、うち1頭をデジカメに収めることができました。

 前白根山には11時42分の到着、ザックをおろして休憩です。白根山に向かう途中の登山道沿いにピンクの花が・・・。そのほかにもありましたが最盛期はもうちょっと前でしょうか。

 白根隠に向かう尾根から甲高い声が聞こえてきました。女性2人のようです。正午を過ぎて雷が怖いS&Pは五色山から鳴らしているラジオを聴きながら12時02分に撤収です。

 登り切った鞍部から右へ少し下って登り返しはシャクナゲの残り花が数株、左が開けていますがミルクのカーテンに包まれています。

 10時56分、3度目の五色山の山頂です。展望はあきらめていましたが、ラッキーにも冒頭の白根山が目に飛び込んできました。ザックを下して再びエネルギー補給ですが展望は変わらず、11時11分に撤収、今日の目的の女王様探索に向かいます。

 7時25分に湯元ビジターセンター前の駐車場からスタートです。奥に進んで丁字路を左折、舗装路から砂利道になって7時39分に左に案内板を見て登山道に入ります。最初は樹林の中、そして笹原の明瞭な道を過ぎるとジグザグ急登が始まります。

 湯本スキー場ほど歩かれてないようですが道は明瞭です。汗をふきふき8時47分にジグザグ登りを終了して右上へ尾根を辿るようになります。左に外山尾根、背後に男体山、右に温泉ヶ岳がときどき顔を出してくれます。途中でちょい一本でチョコアンパンのエネルギー補給です。

 10時16分にしばらくぶりの国境平です。一呼吸入れて左上へ、笹原登りの背後には雲がかかりつつある温泉ヶ岳が浮かんでいました。

五色山から白根山