群馬のお山めぐり
栗生山・荒神山

 花粉を避けて、福島方面に向かう予定が、天気予報は強風の予想、S&Pは未踏の上州山歩のお山へ向かうことにしました。

 2009年03月12日のお山めぐりは群馬県黒保根町の栗生山を歩くことにしました。

 宇都宮を8時35分に出発、冬料金の日光有料道路から足尾を抜けて黒保根町田沢下の集落を過ぎた廃道?スペースに駐車、10時26分に出発します。

 薄く雪がついた舗装路を歩き、最初の分岐を細い道へ直進、さらに最奥の栗生の集落で案内板に従って右に進みます。


荒神山(624.4m) 編

 帰路は往路を戻ることにしました。鞍部から杉林の中を進み分岐へ来て少し考慮、もう一回今度は山頂の左岸(右)から登ってみることにしました。

 こちらは雑木の中を急登です。右に進んで尾根に乗り、左に進んで13時11分、今日2回目の山頂です。
 風も強いので今度は素通りです。

 再びの帰路は先ほど下るときに右に進む道型を辿ることにしました。あらあら大きな岩を過ぎて展望台です。もう一回赤城山をデジカメに収めて大岩に戻ります。大岩にはトラロープ、上に登れば展望がよさそうですが、雪が張り付いている部分もありパスしました。

 大岩の基部を通過、先ほど下ってきた部分と合流して再び最初のコースを下ります。神社を樹林越しに見て参道に合流、舗装路の分岐で「如意輪観音(石像)0.4km」の案内板を見て行ってみることにしました。
 庚申塔と一緒の石像の奥には先ほど登ってきた栗生山が杉林の奥に浮かんでいました。

田沢下の高台から栗生山

袈裟丸連峰

赤城山

 この辺りは一面が雪で真白、杉林の中の参道も同様で誰も入った形跡はありません。キュキュッと靴音が耳に心地よく響きます。10時58分に赤い鳥居をくぐり、左に目をやると・・・、「猟銃・危険箇所」の赤い文字が・・・。

 左に赤テープ二つのある道型を見て直進して11時05分、左に数台分の駐車スペース、正面の鳥居をくぐって雪の階段を上ります。山門(?)にお供えされているのは大きな木の刀、これをくぐって再び階段を登ると栗生神社です。

 ここは左奥に夏道が進み、先ほどの分岐からくる幅広い道と合流、右上に向かいます。車道が途切れて雪に覆われた小さな沢を渡り、登山道が進んでいます。細長い杉の植林地の中をジグザグに登って行き、11時52分、左にトラバースする道型、直進の赤テープの場所に出ました。ここは直進が上州山歩のルートですが、道型がはっきりしている左を選びました。

 杉林の中を左に緩く登って山頂から左に下っている尾根に乗り、右上に進みます。ここからは雑木に赤テープがいっぱいついています。12時08分、二等三角点のある栗生山の山頂に到着でした。山名表示板が2個、少しエネルギー補給をしてから西の展望台に向かいます。
 
 少し下り気味になって、岩が出てくると視界が開けます。風が強く帽子が飛ばされそうになり、帽子のつばを後に直してカメラを構えます。正面に大きな赤城山が浮かび、右には袈裟丸連峰ですが、この角度からは初めてでした。

山頂にて

赤テープの誘い

尾根に出て右へ


 田沢下集落奥(0:25)栗生集落(0:19)栗生神社(0:40)分岐(右岸から0:16・左岸から0:19))山頂(0:13)分岐(0:20)栗生神社付近(0:15)メイン道路分岐(0:05)如意輪観音(0:05)メイン道路分岐(0:14)田沢下集落奥

 所要時間は4時間06分(歩行2時間52分)、プラス左岸まわり32分、積雪量は神社付近3センチ、山頂直下10センチ近く、赤城山・袈裟丸山展望のピークハントでした。


参考 上州山歩
    国土地理院25000分の1地形図「上野花輪」

栗生山(968.2m) 編

←ここから出発・ゴール

水沼下から栗生山

 2009年03月12日午後のお山めぐりは同じく黒保根町の荒神山です。

 八木原地区に入り、案内板に従って車を走らせると荒神山南の舗装路終点に駐車場があります。
 荒神山ハイキング登山道入り口から25分の案内板があり、ここから歩きます。

 15時03分に出発、舗装路が続いており、15時21分に展望台分岐を通過、15時25分に山頂広場に出ます。ここには鳥居と石祠がありますが山頂は右奥へ、15時27分に三角点のある山頂に到着でした。
 展望なしの山頂から広場に戻り、鳥居の奥の岩の上に出ます。ここからは赤城山が望めます。道路に戻り立派な展望台へ、こちらからは大展望です。

次のページへ
トップページ
2009年の山
前のページへ

 駐車場所(0:18)展望台分岐(0:04)広場(0:02)山頂(0:02)広場(0:04)展望台(0:16)駐車場所

 所要時間は1時間02分(歩行46分)、展望のピークハントでした。


   参考 国土地理院25000分の1地形図「大間々」

 ライン入りのマスクをしていたのですが花粉にやられました。目がしょぼしょぼ、鼻が少し詰まった程度で済みました。今日は名前にひかれて福島中通りの予定だったのですが・・・。

展望台から            ↓赤城山              ↓栗生山       ↓袈裟丸山