戸奈良庚申山ほか
①たかぞう山(163.9m)から大網山(160m級)
②戸奈良庚申山(篭山・134.1m)鰻山(100m級)


午前中は書籍購入代金の振り込み他
午後が空いた今日は佐野市の低山めぐりへ出発です。
申の字のお山ひとつを入れて・・・。



① たかぞう山から大網山(大網山城跡)編

 低山ゆえ後回しが常でストックにくすぶっていたお山ですが、今日はその数少ない出番の日です。


駐車地からたかぞう山

 2016年01月14日のお山めぐり最初は佐野市栃木市境の点名「謡坂(たかぞう山)」から大網山としました。

 佐野市栃木市境の謡坂峠旧道南に駐車し薮の少なそうな峠近くから左上に取り付きます。
 舗装路から左に入り、右から左上に回り込んで行きますが藪はほとんどなし、急登が始まると右に竪堀模様の亀裂が上から落ちています。山頂近くは南北に亀裂?北東尾根ではすぐなくなります。左に進んで小藪を分けると白杭と三角点が待っていました。

 
ここから取り付き 山頂直下のU字溝     三角点前にて
   

 証拠データを撮って西進すると鞍部で北に下る大きなU字溝がありますが、次のピークと左折して大網山に向かう尾根にはなにもありませんでした。

 緩い登りになって土橋のある堀切、そして大きな堀切を超えると山頂でした。左の木の間に筑波と岩舟山、南に佐野市街と秩父の山なみが目に入りました。一段下って三毳山の全景をデジカメに落とします。帰路は南に尾根を下ることにしました。

    
鞍部のU字溝       堀切を     大網山の山頂にて
   

 2つの堀切を越えた小鞍部には左右に浅い堀切模様、右下には明瞭に道形が下っていますがこれは西の富士町方面なのでパス(たぶん城郭目的はこっちからが主かも)南西に進みます。

 尾根の左を進むけもの道はサカキの薮に包まれ、これを抜けて左に方向を変換する尾根を辿ります。目標の110m付近の実線路は見当たらず、代わりに大きなイノシシの泥遊びの穴、泥が擦り付けられた松の幹を見ます。

 尾根の傾斜を見て南東に下って行くと里山お約束のシノダケ藪が2段、やっと通り過ぎたと思ったら雑草の種攻撃の洗礼を受けて舗装路へ飛び出しました。

 
     榊の薮        イノシシがいるぞ
  

 左折して跳び付かれた雑草の種を取ること7分で再スタート、舗装路の丁字路を直進で北東の池沿いの道は薮に阻まれて×、丁字路に戻って仕切り直しの5分追加で駐車場には14時09分の到着でした。

 所要時間は1時間57分(歩行1時間37分)、展望ありの城跡薮ハイクでした。

 駐車場所(0:26)たかぞう山(0:17)大網山(0:55)駐車場所


参考 国土地理院
     電子地形図「田沼」
   山部さんの
    「栃木の山283+」
   佐野市ホームページ      「佐野市内にある
        城館一覧表」




「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

GPS軌跡図(カシミール3D使用)
②戸奈良庚申山(篭山・134.1m)鰻山(100m級)

 今年は申年、本来なら足尾の庚申山だが今は冬、 となれば佐野市戸奈良の庚申山です。(ちなみに閑馬の千体庚申山は登頂済です。)


小学校奥に庚申山

 2016年01月14日ぱーと2は戸奈良庚申山とすぐ近くにある鰻山(鰻山城跡)にしました。

 戸奈良コミュニティセンター(以下「コミセン」と略)に駐車させていただいて、西進し小学校前を通過します。

 参考ページのレポからお店の先で幹線道路へ出てすぐの信号なし丁字路を右折、道は左に曲がりますがカーブミラーの左に道が2本(直進と右)入っており、山頂へ向かって直進の道を選びます。

 すぐ右に男體神・庚申塔、少し登って右に青面金剛像、急登からお社前を通過すると出てくるロープが左右に誘います。山頂には石碑と文政の石祠ほか1基と三角点・点名「種徳山」が待っていました。

  
    ここで右へ     お社前を       三角点
   

 帰路は往路を戻ってコミセン後を通過します。東進して舗装路が左に曲がってすぐに鰻山の入口でした。山頂まで登ってデジカメが電池切れで山頂以降の画像はありません。

      
鰻山へ         あの先がピーク
  

 南に下って一周してコミセンまで戻ると地元男女の集会は終了していました。

 所要時間は42分(歩行37分)、干支のお山のひとつと平山城の1ピークを終了でした。

 参考 国土地理院電子地形図「田沼」
     佐野市ホームページ「町会のお宝・自慢」
→「戸奈良庚申山」
     やまの町桐生さんの「戸奈良庚申山」

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)

  

 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

  前のページへ     2016年の山     次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ